この記事の所要時間: 68

FISCO(フィスココイン)とは

FISCO(フィスココイン)とは、

株式会社フィスコが、CounterParty(カウンターパーティ/XCP)を利用して発行した独自トークンになります。

この会社は、ベンチャー向け企業の株式市場であるJASDAQにも上場しています。

CounterParty(カウンターパーティ/XCP)の特徴&将来性

 

株式市場には、株式をある一定量持っている投資家に対して「株主優待」とよばれるお礼的に配布されるものがあります。

例えば航空会社ならば航空チケット券であったり、マクドナルドであれば「ハンバーガー無料券」など、

その会社に見合ったものを配っている事が多いです。

 

このFISCO(フィスココイン)も株主優待を行っており、

FISCO株式会社グループ間でコインを利用できるようになっています。

株主優待としては、トークンを配るというのは非常に珍しいものだったと思います。

 

グループ会社としては、FISCO(フィスココイン)を発行している「株式会社FISCO」以外に

NCFCトークンを発行している「株式会社ネクス」やCICCトークンを発行している「株式会社カイカ」があります。

この3つのトークン(仮想通貨)は国内取引所Zaifで取り扱われています。

CAICA(カイカコイン/CICC)の特徴&将来性

NCXX(ネクスコイン/NCXC)の特徴&将来性

 

当初の計画としては、発行枚数50,000,000 FCSS(5000万FSCC)に追加する形で発行予定でしたが、

追加は行わない事を決定し、上限発行枚数を50,000,000 FSCCに定めたようです。

現在のところ、株主優待として10,000,000FSCC(1000万FSCC)が配られています。

 

発行枚数を追加していく事で懸念されたのがデフレーション(デフレ)問題でしたので、

その懸念を払拭した形です。

 

ただ、上限発行枚数の残り40,000,000FSCC(4000万FSCC)をまだ企業が持っているため、

これを市場に出していく事で値崩れしていく可能性もあります。

 

またこの株式会社フィスコの今後の成長次第によって、価格が上下する可能性を大きく秘めています。

テックビューロ社が運営しているZAIF取引所の「ZAIFトークン」と似たような立ち位置だと考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

ZAIF(ザイフ)トークンの特徴&将来性

FISCO(フィスココイン)の基本情報

通貨名 FISCO(フィスココイン)
通貨単位 FSCC
上限発行枚数 50,000,000FSCC(5千万FSCC)
公開日 2016年12月
アルゴリズム(暗号化方式)
公式ホームページ https://fcce.jp/
ホワイトペーパー
株主優待に関する書面 http://www.fisco.co.jp/uploads/20160616_fisco_ir2.pdf

FISCO(フィスココイン)のチャート

ZAIF取引所で直接ご確認ください。登録してなくてもチャートは閲覧できます。

以下のURLから現在のチャート状況は見る事ができます。

https://zaif.jp/trade/fscc_jpy

株式会社FISCO

最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団であり、

様々な金融サービスを提供しているジャスダックに上場している株式会社になります。

株式会社FISCOの経営理念

  • 金融サービス業におけるベストカンパニーを目指す
  • 中立な姿勢と公正な思考に徹する
  • 個の価値を尊び、和の精神を重んじる

取り扱っている市場

株式市場

ファンダメンタル分析、テクニカル分析両面からのアプローチを重視。

指数先物、個別銘柄、IPO銘柄の動向を多面的に分析し、市場観測や売買示唆をスピーディーに配信している。

通貨市場

東京-ロンドン-ニューヨーク市場を24時間体制でカバーし、

主要通貨の動きを詳細にウォッチ。値動きの背景、手口、各国要人発言等をきめ細かくレポートしています。

金利市場

日本国債の市場を中心に、政策や参加者動向を踏まえた分析情報を配信。

 

さらに金利スワップ、証券化商品、信用リスク情報まで、

金利マーケットに係る情報群を細大漏らさずレポートしています。

商品市場

商品先物取引に関するあらゆる情報を分析し、

商品価格の動向をできるだけ分かり易く簡潔明瞭にまとめ、将来の価格変動を予測しています。

サービス内容

グループ会社一覧

取扱取引所

FISCO(フィスココイン/FSCC)を購入したい方は、

国内取引所Zaifで購入できます。

ザイフ(Zaif)の特徴&登録方法