この記事の所要時間: 455

PepeCash(ぺぺキャッシュ)とは

PepeCash(ぺぺキャッシュ)とは、

2005年に、Matt Furie氏の漫画に登場するカエルのキャラクター「Pepe the flog」を参考にして作られた仮想通貨のことです。

 

日本にもMonacoin(モナコイン)と呼ばれる2チャンネル発祥の通貨があり、

2チャンネルでAA(アスキートアート)としてよく使われていたキャラクターを参考にしており、

モナコインは日本人に人気が高い通貨の一つですが、

 

このぺぺキャッシュも海外の日本の2チャンネルをパクったような「4CH(4ちゃんねる)」という掲示板で、

非常に人気が高いキャラクターでした。

 

モナコインについてはこちらで記載しています。

Monacoin(モナコイン/MONA)の特徴と将来性

 

モナコインが決済用通貨なのに対して、

このぺぺキャッシュは、「Rare pepe(レアペペ)」と呼ばれるカードを購入するために使われる通貨という点です。

 

ゲームで使われているカードのデザインは、

ペペキャッシュに興味がある人や関心がある人が絵をデザインし、

「Rare pepe foundation」へ申請し、それが承認される事で創られます。

 

その申請にも手数料がかかり、この手数料もペペキャッシュで支払われます。

 

 

また、「rerapepedirectory」のサイトで、

自分自身で制作したカードを売ったり、逆に他の人のカードを買ったりできます。

 

そしてこれらのカードは、ウォレットを持っておく事で、

他の通貨と同じように管理することができるようになっています。

 

 

オンラインゲームをした事がある人なら分かると思いますが、

現金をそのオンラインゲームで使える通貨に変えて使用するという感じです。

 

ぺぺキャッシュは、そういうゲーム的な要素が非常に大きい仮想通貨になります。

 

ちなみにですが、日本人でもお馴染みの「遊戯王」のトレーディングカードと同様に、

それぞれのペペキャッシュカードに「効果」というスキルがついていて、

それらのカードを使って遊ぶことができるようになっています。

PepeCash(ぺぺキャッシュ) の基本情報

通貨名 PepeCash(ぺぺキャッシュ)
通貨単位 PEPECASH
上限発行枚数 701,884,009  PEPECASH(約7億PEPECASH)2018年8月3日現在
公開日 2016年9月14日
アルゴリズム(暗号化方式) Proof of Burn
公式ホームページ http://rarepepedirectory.com/
ホワイトペーパー

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のJPY価格・ランキング・時価総額

カウンターパーティー(XCP)から誕生した通貨

PepeCash(ペペキャシュ)やレアペペは、

counterpartyの独自トークンを発行できる機能を作って作られています。

またレアペペというカードもこのcounterpartyを使ってトークン化されたものになります。

 

ちなみにCounterpartyとは、ビットコインのブロックチェーン上で展開されているオープンソースの金融プラットフォームのことをいいます。

この金融プラットフォームの基軸通貨はXCPになりますので、このXCPという通貨を使ってトークン化するという感じになります。

CounterParty(カウンターパーティ/XCP)の特徴&将来性

ウォレット

ペペキャッシュは、独自ウォレットが準備されており、

そおウォレットを使う事で、ペペキャッシュという仮想通貨だけでなく、

独自作成したカードや他の人から買ったカードを保管できるようになっています。

取扱取引所

ほぼ100%の取引が行われているのが

国内取引所Zaif(ザイフ)なので、ペペキャッシュを購入したい方はZaifで購入されてください

ザイフ(Zaif)の特徴&登録方法