この記事の所要時間: 46

CounterParty(XCP)の機能を使ってオリジナルコインが作れる!

CounterParty(XCP)は、

ビットコインのビットコインのブロックチェーン上で動いている金融プラットフォームのことをいいます。

 

CounterParty(XCP)は、

XCPを消費する事でオリジナルトークンを発行することができます。

 

そして発行したオリジナルトークンは、

IndieSquareのアプリ(ウォレット)を使う事で、簡単に取引すること(売買すること)ができるようになります。

 

このオリジナルトークンを送金する際には、ビットコインのブロックチェーン上で生まれたトークンなので、

少量のビットコイン(BTC)が必要です。

 

CounterParty(XCP)についてのことは以下の記事で記載しています。

CounterParty(カウンターパーティ/XCP)の特徴&将来性

CounterParty(XCP)を使ったオリジナルトークンの作り方

1、「IndieSquare Wallet」からアプリウォレットをダウンロードする。

「IndieSquare Wallet(iOS版)」

「IndieSquare Wallet(android版)」

 

2、作成の為に必要な0.5XCP&0.0005BTCを購入する。

※XCPは、国内取引所Zaifで購入可能です。

 

3、「IndieSquare Wallet」のアドレスへ0.5XCPと0.0005BTCを送る。

 

4、「IndieSquare Wallet」でオリジナルトークンの名前や発行枚数を決めて作成する。

「IndieSquare Wallet」の記載手順

「IndieSquare Wallet」の記載手順を簡単に記載しておきます。

まず「新規発行」をクリックします。

 

以下の画面に進みますので、

流れに沿って記載・選択していってください。

 

発行量を決め、「次へ」を押した後は、

トークンアイコン(ロゴ)のアップロード&説明などを記載して、

最後に「作成ボタン」をクリックすると作成手続き完了です。

※このトークンアイコン(ロゴ)や説明は、

トークン作成後であっても後から決定することもできるので、

決まってない方は、ここで無理して決めなくても問題ありません。

パソコンを使って提携する手順

「IndieSquare Wallet」はPCと連携することにより多くの機能が利用できるようになるので、

オリジナルコインを作成した人は、提携までしてしまいましょう。

 

提携に伴って、次の6つの機能が使えます。

  • 新規トークンの発行ができる
  • 寄付ボタンを作ったり、変更できる
  • 追加発行できる
  • 配当を行うことができる
  • ロックできる
  • 所有権を移行できる

 

まず以下の公式サイトにいきます。

公式サイト:「IndieSquare Wallet」

 

そして「INDIEBOARD」をクリックし、「try now」をクリックします。

 

次に「アプリでサインイン」をクリック。

 

そうすると以下の画面になりますので、

「IndieSquare 」アプリから、QRコードを読み込んで下さい。

 

提携する為に、アプリ画面の右下にある「接続マーク」をクリックすると、

QRコードを読み取るカメラが立ち上がるので、先程のQRコードを読み取ってください。

後は流れに沿って進めていくと、提携完了です。

 

たったこれだけの手順でCounterParty(XCP)を使ったオリジナルコインが作れます。

作成にかかる費用も現在高くないなので、作ってみるのも面白いかもしれません。

※2018年5月23日BTC400円程度+XCPが300円程度