この記事の所要時間: 726

Holo(ホロ)とは

Holo(ホロ)とは、大衆のウェブサイトをホスティングできるようになるサービスのことで、

分散化されたプラットフォームを構築しています。

 

支払いは、「Holo Fuel(ホロ・フュール)」という仮想通貨でされます。

 

これはイーサリアムの「gas(ガス)」、

ネオ(NEO)の「ONT(オントロジー)」のようなものと考えてもらえれば分かりやすいです。

Holoと切っても切り離せないものになります。

Ontology(ONT/オントロジー)の特徴&将来性

このプラットフォームはビットコインのような完全な非中央集権型ではなく、

一部が中央集権型になっています。

 

Holo(ホロ)は、

プラットフォームであるため、Dapps(分散型アプリケーション)等を作ることができます。

プラットフォームを提供している点では、イーサリアム(ETH)やネオ(NEO)と同じですが、

一つ大きな違いがあります。

 

それはこのHolo(ホロ)がブロックチェーンを使ってない点です。

そのかわりにHolochainという独特なものを使っています。

 

Holo(ホロ)は、1つのブロックを複数の人達が協力して計算する事で、

取引承認速度を大幅に上げる事が可能になっています。

 

ブロックチェーンは、1つのブロックをチェーンのようにつなぎああせたもので、

その1つのブロックの取引承認を、みんなで競いあっており、一番早く正解を出した人のみ報酬が受けられます。

その為、非常に計算処理能力が早いコンピュータが必要で、かつ電気代が大きくかかっています。

 

その為、Holo(ホロ)への期待が高まってきています。

Holo(ホロ)の基本情報

通貨名 Holo(ホロ)
通貨単位 HOT
上限発行枚数 177,619,433,541HOT(約1776億HOT)
公開日 2018年4月30日
アルゴリズム(暗号化方式) POW(Lyra2RE)
公式ホームページ https://holochain.org
ホワイトペーパー https://github.com/holochain/holochain-proto/blob/whitepaper/holochain.pdf

Holo(ホロ)のJPY価格・ランキング・時価総額

Holo(ホロ)チャート(バイナンス)


Holo(ホロ)の特徴

  • 自分のデータの所有
  • 自分のアイデンティティの制御
  • アプリケーションをニーズに合わせて接続できる
  • 中央集権型のシステムを使用しない認証取引が可能である
  • 「軽量」「高速」「安価」なアプリケーションの構築が可能である

Holochainアプリの役割

  • ガバナンスとコラボレーション
  • ソーシャルメディア、ソーシャルネットワーク、およびベンダーのリンク
  • 共有経済とプラットフォームの共同作業アプリ
  • サプライチェーン・ウィンズ&ソーシャル・コミュニティ

Holochain

Holochainは、ビットコインを代表とするブロックチェーン技術とは大きく異なる分散型システムのことで、

アプリが作られる従来の仕組みを大きく変化させるものです。

 

アプリと言えば、スマートフォンなどで当たり前に聞く言葉だと思いますが、

現在のアプリは、運営者側などの企業によって管理されています。

 

アプリの改良などは、基本的に企業が行う為、

利用するユーザーが改良などができないのが現状です。

 

「そんなの当たり前でしょ!」って思う人がほとんどだと思いますが、

みんながそう思うからこそ、それが当たり前の事として定着してるのが現在です。

 

しかし、その点に疑問を投げかけ、

アプリが作られる仕組みそのものを大きく変化させようというプロジェクトがHolochainになります。

分散アプリケーション用のホログラフィックストレージ

Holochainのアプリケーションは、

中央管理者を通さず、完全に個々の人々によって行われます。

 

そして、より少ないコストで、リスクの低い直接的な構造上の同意と暗号通信を可能にしてくれます。

 

各エージェントは変更不可のハッシュチェーンを所有し、

パブリックデータを単調なDHTノードとして保存できます。

 

これが意味する事は、軽量で安全な分散コンピューティングが、

モバイルデバイスで可能であるということです。

低コスト・軽量(高速)・低リスク

すべてのアプリケーションは、安価に独自の条件で独自のholochainを実行します。

 

ユーザーがホストの立場になるので、

より多くのエージェント(仲介者)がアプリを使用するほど、

より多くのホスティングパワーとストレージが利用可能になりり、ネットワークにかかる負荷を軽減してくれます。

※ホスト(ホストネットワーク)

ネットワーク上のユーザーなどに対して、データベース・サービス・アプリケーションなどを提供すること。

 

エージェント(仲介者)のソースチェーンは、

アプリを実行するコードであるアプリの「DNA」を保持しています。

それにより、安全なアプリが保証されることとなります。

 

そのデータは偽造されたり、改ざんされたり、失われたりすることはなく、

各アプリは、そのデータをDHTに保存して、ランダム化されたノード間で公開データを作成します。

 

ノードがオフラインになると、

DHTは自己回復し、異なるノードにデータを再調整するようになっています。

 

また、誰かが自分のアプリケーションコードを変更した場合、

共有されたDHTスペースから効率的に別のアプリケーションに分岐させることができます。

Holoの取引速度が高速

Holo(ホロ)が、世界中でウェブホスティングをやっていく為には、

手数料がほとんどかからず、取引処理能力も抜群に優れている事が条件になります。

 

現在でいえば、Visaが一番早い処理能力をほこっていますが、

Holoの処理能力はこれを遥かに上回っています。

また、手数料もほとんどかかりません。

 

これを可能にしているのが、Holochainのお陰で、

ブロックチェーンを根本としてないことがそれを可能にしています。

取扱取引所

約70%の取引が、Binance(バイナンス)で行われているので、

購入を検討している方は、Binance(バイナンス)をお勧めします。

 

バイナンス以外だと、

Hotbit(約13%)やFatbtc(約12%)でも購入する事ができます。