この記事の所要時間: 635

Storjcoin X (ストレージコインエックス)/Storj(ストレージ)とは

Storjcoin X (ストレージコインエックス)/Storj(ストレージ)とは、

既存のクラウドストレージの問題点の解決を目指している非中央集権かつ分散型のプラットフォームのことをいいます。

 

Storjcoin X(ストレージコインエックス)は、

CounterParty(カウンターパーティ/XCP)を使って作成された仮想通貨になります。

通貨単位は「SJCX」です。

 

この通貨は、名前の通り「クラウドストレージサービス」で利用する通貨になります。

また、自分のパソコンの空き容量を貸し出すことによって、報酬としてSJCXが受け取れます。

 

ただその後、Storjcoin X(ストレージコインエックス)は

カウンターパーティベースの「Storjcoin X(通貨単位SJCX)」から

イーサリアムベースの「Storj(通貨単位STORJ)」という新しい通貨に移行して運営がされています。

 

ですので、現在はカウンターパーティベースの「SJCX」とイーサリアムベースの「STORJ」の両方がが存在しています。

 

現在も国内取引所のZAIFで取引はできますが、購入は絶対にお勧めしません。

購入する場合は、移行した「Storj(通貨単位STORJ)」を扱っている取引所で購入されてください。

 

「Storjcoin X(通貨単位SJCX)」を持ってるという方や買ってしまったという方は、

こちらのサイトから新しい通貨である「Storj(通貨単位STORJ)」への交換ができるようです。

https://storj.io/converter-signup.html

Storjcoin X (ストレージコインエックス)の基本情報

通貨名 Storjcoin X (ストレージコインエックス)→Storj(ストレージ)
通貨単位 SJCX→STORJ
上限発行枚数 424,999,998STORJ(約4億②500万STORJ)
公開日 2014年7月20日
アルゴリズム(暗号化方式) Proof of Resource
公式ホームページ https://storj.io/index.html
非公式日本語ホームページ http://storj.jp/
ホワイトペーパー https://storj.io/storj.pdf

 

Storjcoin X & StorjJPY価格・ランキング・時価総額

Storjcoin X

Storj

 

Storjcoin X &Storjチャート

Storjcoin Xチャート(ZAIF)

ZAIF取引所で直接ご確認ください。登録してなくてもチャートは閲覧できます。

以下のURLから現在のチャート状況は見る事ができます。

https://zaif.jp/trade/sjcx_jpy

Storjチャート(バイナンス)


 

Storjcoin X (ストレージコインエックス)の特徴

※ここからは新しい通貨であるSTORJとして説明していきます。

  • Storj(ストレージ)を構成する2つのアプリケーション
  • 暗号化によるプライバシー強化
  • パソコンの空き容量を貸すことで「STORJ」を報酬として貰える
  • 既存のクラウドストレージの問題を解決する事ができる

Storj(ストレージ)を構成する2つのアプリケーション

  • データ保存・管理・共有用のファイルを管理できる「MetaDis」
  • 自分自身のパソコンの空き容量を貸すことができる「Storj Share」

 

自分のデータをストレージネットワークへアップロードする場合は、

データ保存・管理・共有用のファイルを管理できるアプリケーションの「MetaDis」を使います。

 

アップロードしたファイルは、アップロードする前に暗号化されるため、

秘密鍵をもつユーザー同士でしかデータ閲覧ができないようになっています。

 

また、「Storj Share」のアプリケーションを使って、

自分のパソコンの空き容量を貸し出すことによって、報酬としてSTORJを貰う事もできます。

そもそもクラウドストレージってなに!?

多くの方がパソコンのHDD(ハードディスク)などにデータ保存をしている人が大半だと思います。

ただパソコンの容量が小さい場合、すぐに空き容量が少なくなってしまいます。

 

クラウドストレージとは、パソコンのHDD(ハードディスク)などではなく、

インターネット上にデータを保管できるサービスのことであり、これを利用する事でパソコンの空き容量確保しやすくなります。

 

ちなみにこのサービスは、

パソコンだけでなく、スマートフォン(スマホ)からでも利用できます。

 

そしてインターネットにつながっていれば、

パソコンやスマホから、いつでもどこでも保存しているデータにアクセスできる非常に便利なサービスです。

このサービスは、GoogleやAmazonなど多くの企業がサービスを提供しています。

 

また、第三者とファイルを簡単に共有できますし、

導入コストも安く、データ損失のリスクから守ってくれる大きなメリットがあります。

クラウドストレージの問題点を解決できる「Storj」

クラウドストレージは、

インターネットに接続できる環境があればどこでもデータにアクセスでき、

データ損失のリスクから解放される大きなメリットがありますが、デメリットも覚えておかなければいけません。

 

例えばクラウドストレージに障害が発生した際、

保存しているデータにアクセスできなくなってしまうことです。

この場合、利用者に解決する方法はありません!

 

このようなクラウドストレージの問題点を解決するために作られたのが「Storj(ストレージ)」になります。

その為、非常に期待されている仮想通貨になります。

取扱取引所

Storj(通貨単位STORJ)を扱っている取引所は複数あります。

Binance(バイナンス)でも扱われています。