この記事の所要時間: 237

「出直り相場に逆らうな」とは、大崩れし、低迷時期を経て、

上昇トレンドに転換した場合、その流れに逆らってはいけないという意味です。

 

ちなみに、下降トレンドから低迷時期を経て、

上昇トレンドに転換した相場の事を「出直り相場」といいます。

 

これは株でもFXでも仮想通貨など投資全般でいえることですが、

相場には、上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場とあり、

落ち込むこともあれば、停滞する事もあり大きく上昇する事もあります。

 

特に低迷した時期が長ければ長いほど、

狼狽している投資家が非常に多く、トレンドが変わってるにも関わらず、

少し上昇した低い価格で多くの人が手放してしまうことがよく起こります。

 

ですが、そこを狙って大口の投資家たちは、こぞって集めている場合が多く、

一度トレンドが変わった相場は、強く、そして大きく上へ伸びていきやすくなります。

 

ですので、下降トレンドからレンジ相場(低迷時期)を経て、上昇トレンドに変わった相場では、

その流れに逆らわず、順張り(流れに沿って投資していく事)スタンスで、

押し目(調整の為に一時的に価格が落ちる場面)を拾いながら、流れに沿って取引していくと、

非常に大きな利益を得やすく、損失を出しにくくなります。

 

逆に流れに逆らった逆張りをすると、

時間が経てば経つほど、大きな損失を出す可能性が非常に多くなるので、

上昇トレンドへ変わった時は、押し目を拾いながら、順張りで取引していきましょう。

 

 

「そんな事、当たり前だろ」って思ってる人は意外と多いですが、

実際、低迷時期を経たことで、感覚が知らないうちに麻痺してる人も多いです。

なので上昇トレンドに転換してる事も分からず、少しの上げで逆張りをする人も沢山いるのが現状です。

 

ですので、明らかに上昇トレンドに変わったと判断できた時は、

流れに逆らわず、取引していきましょう。

 

これは相場の世界では、非常に大事な事なので、

「出直り相場に逆らうな」という格言を頭の片隅に置いておきましょう。

 

実際に順張りの技術だけで、

相場に生き残っていくことができるほどの破壊力があります。

 

ですので利益が出せない方は、

「自分がどういう取引をしているのか」「逆張りばかりしていないのか」など一度自分の投資スタンスを見直された方が良いかと思います。

 

利益がなかなか出せない方は、自分の現在のスタンスを見直し、

順張りを心がけることで、今までと全く違った良い結果を出していくことも可能だと思います。

 

今回は、「出直り相場に逆らうな」についての紹介させて頂きました。