この記事の所要時間: 131

これは、「相場で取引する上でチャンスを待つことは大事ですが、

運に期待するようになってはいけない」と言っている格言になります。

 

運に期待するようでは、もしも運が味方しなかった場合、

1度2度の取引で大きな損失を被り、退場につながる可能性があるからです。

 

この格言が最も言いたいことは、

じっくりチャンスをうかがって取引をすることと、

ただ自分の希望する動きになるのを祈りながら取引することは全く違うということです。

 

例えばあるサポートラインで反発し上昇すると予想して購入したけど、

それと全く逆の動きをし、サポートラインを割ってしまった場合、

ごちゃごちゃ言わず一度決済した方がよいということです。

 

その理由は、購入した根拠も否定されたのに、

そのポジションをその後持ち続ける理由がないからです。

 

自分の予想と逆行してしまった時に、

自分自身で対応できる手段を講じず、祈り出したらとりあえず終わりです。

 

ちなみにですが、祈りだした時点で、

既に自分の予想した動きではなく、状況がだいぶ悪くなってる事が多いおが現状だと思います。

 

 

どのような状況の時も、

冷静沈着に相場と向き合うことが非常に大事であり、

 

相場の世界で生き残っていくために必要不可欠な判断だということができます。

そういう姿勢をこの格言は教えてくれています。

 

今回は「運を待つは死を待つに等し」の格言について紹介をさせて頂きました。