この記事の所要時間: 545

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは、

2017年8月1日に、ビットコインからハードフォークで誕生した通貨です。

 

ビットコインと同じく、中央集権型ではなく、完全に分散化されています。

ハードフォーク当時、ビットコインを所有していた人達に同数配られているので、

比較的に馴染み深いコインだと思います。

 

ビットコインとの違いは、

「ブロックサイズが最大8MBある点」「Segwitが実装されていない点」です。

またセキュリティも強化されています。

ビットコインキャッシュの基本情報

通貨名 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
通貨単位 BCH(BCC単位で使われている取引所もあります。)
上限発行枚数 21,000,000 BCH(2100万BCH)
公開日 2017年8月1日
アルゴリズム(暗号化方式) POW(Proof of Work)
公式ホームページ https://www.bitcoincash.org/
ホワイトペーパー

BCHのJPY価格・ランキング・時価総額

BCH/BTCリアルチャート(ビットフライヤー)


ビットコインキャッシュ(BCH)誕生秘話

 誕生理由①

ビットコインには、1ブロックあたり最大1MBのデータの制限があります。

これを解決することは現実問題として可能でしたが、

開発者達とマイナー(マイニングをする人達)が議論をしても話が進展しませんでした。

 

話が進展しないまま、数年の時間が経過した中で、2017年に1MB制限の弊害が発生します。

ビットコインの価格が上昇するにつれ、2・3日待っても取引確認ができない状態が起こったりしてきました。

 

この不便性に伴い、市場占有率が約90%から40%程度に大きく低下!!

この問題を解決するために、ビットコインキャッシュが誕生しました。

誕生理由②

ビットコインは、非常に高性能のコンピューターを使い、

多くの電気代を使って、ビットコインをマイニング(採掘)しています。

 

マイニングのお陰で、ビットコインを送金できたり、ビットコイン自体に不正がない状態を作り出しています。

ですが、ビットコインの開発者達とマイナー(マイニングしている人達)の間で、意見が分かれ、亀裂が入ってしまいました。

その結果、マイナー側の利点になるSegwitを非実装にし、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

 

ビットコインキャッシュの特徴

8MB上限

ビットコインキャッシュは、ブロックサイズの上限を1MBから8MBに引き上げ、

これにより、取引で十分な性能を発揮できるようになりました。

 

ただ、ビットコインとは異なり、ビットコインキャッシュの開発チームは一人もいません。

その代わりに独立した開発者チームが複数存在しています。

開発の分散化は、仮想通貨が発展していく上で必要不可欠なものです。

Segwit(セグウィット)が実装されていない

ビットコインキャッシュにSegwit(セグウィット)が実装されていない理由として、

マイニングを効率よく行えるようにするためだと言われています。

 

※Segwit(セグウィット)とは、

ブトランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする技術のことです。

これは、「スケーラビリティ問題」「トランザクション展性」を解決できる技術として期待されています。

ビットコインキャッシュ誕生と中国の関係

ビットコインのマイニングは、現在世界で中国が独占している状態になっています。 上でも述べたように、

開発者側とマイニングする人達(マイナー)の意見が合わず、誕生したのがビットコインキャッシュです。

そして、ビットコインキャッシュは、マイナーが背後で支えている通貨」です。

 

つまり中国は、マイナーが世界で一番多く、

ビットコインキャッシュは中国のマイナーが作った通貨ということができます。

ビットコインキャッシュの将来性

マイニングされている理由は非常に単純で、稼ぐためにやられています。

今後、ビットコインのマイニングで稼げなくなってきた場合、

ビットコインキャッシュをマイニングする人達が非常に多くなっていくと予想されます。

 

日本で投資をされたことがある方は、絶対に耳にした事があると思いますが、

SBIホールディングスは、ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングをすでに始めており、

ビットコインキャッシュのマイニングで、30%確保することを目標にしているようです。 

 

そうなっていった場合、ビットコインキャッシュの価格は上がり、

逆にビットコインの価格は下がっていく可能性が高い事を意味しています。

 

ビットコインは「送金手数料が高い」「送金時間が長い」などの問題が色々とあります。

ビットコインキャッシュは、ビットコインと比べても優れている点が多いです。

 

ビットコインキャッシュを扱う店も出てきたそうなので、

将来的にビットコインと同じような立ち位置になる可能性は十分にあります。

これらの点からも、将来性が非常にある仮想通貨だと思われます。