この記事の所要時間: 336

Eidoo(エイドゥ)とは

Eidooとは、イーサリアムをベースにした仮想通貨で、

スマートフォンに1つのアプリをダウンロードする事で、

誰もが簡単に複数の仮想通貨の管理・取引ができるプラットフォームになります。

 

このプラットフォームを利用する事で、

ICOへの参加や分散型取引所の取引が可能になります。

Eidoo(エイドゥ)の基本情報

通貨名 Eidoo(エイドゥ)
通貨単位 EDO
上限発行枚数 90,708,327EDO(約9000万EDO)
公開日 2017年10月2日
アルゴリズム(暗号化方式) ERC20
公式ホームページ https://medium.com/eidoo
ホワイトペーパー

Eidoo(エイドゥ)のJPY価格・ランキング・時価総額

 

Eidoo(エイドゥ)のリアルチャート(バイナンス)


Eidoo(エイドゥ)の特徴

  • 分散型取引所
  • ウォレットの役割
  • ICOの購入が可能
  • デビットカードの発行ができる
  • 安全性第一主義

分散型取引所

分散型取引所ですので、中央管理者は存在せず、

個々で直接取引する事ができます。

 

イーサリアム(ETH)を筆頭に

イーサリアムをベースにした仮想通貨(トークン)の取引できます。

後は徐々に取引できる通貨を増やす計画がされています。

ウォレット

Eidooのプラットフォームは、ウォレットの役割も果たします。

Eidooが一番力を入れてる分野がこれであると思います。

 

ここで様々な仮想通貨(トークン)の管理が可能になります。

 

分かりやすく言うと、

マイイーサ(MyEtherWallet /MEW)みたいな役割があるという事です。

 

個々で管理をする為、

秘密鍵を忘れずにメモ等で保管しておくことが大事です。

 

コインチェックやビットフライヤーのような取引所に預けていないため、

仮想通貨を盗まれる確率などは低くなります。

 

後は、ウォレットが何かの際に使えなくなった場合、

1人1人に発行された公開鍵とウォレットを紐づけられているので、

ウォレットの復旧も可能だそうです。

ICOの購入が可能

Eidooのアプリをスマートフォン等でダウンロードしておくことで、

そこから簡単にICOに参加する事が可能です。

デビットカードの発行

将来的に利用者の利便性向上の為に、

ウォレットに保管している仮想通貨をデビッドカードにチャージすることが可能になるようです。

安全第一主義

Eidooは、匿名性が高いものではなく、

逆にそういうものより、利用者の安全性を第一に考えられています。

利用者にウォレット等を安全に使って欲しいという事ですね。

取扱取引所

約66%の取引が、

バイナンスの方で行われています。