この記事の所要時間: 146

「噂で買って事実で売る」とは、

誰でも一度は耳にしたことがある格言の1つじゃないかなと思います。

 

株価・為替・仮想通貨などの相場では、

将来の業績や思惑が反映されて価格が動く事も多いです。

 

基本的に相場というのは、

情報を織り込んで、価格を形成していきます。

良い情報であれば、価格は上昇していきやすいです。

 

そしてその情報が公表されれば、

それが噂通り、良い結果であったとしても、

既にそのことは価格に織り込まれている事が多く、

 

それが公表されたと同時に、

価格は更に上昇するのではなく、落ちやすくなります。

ましてや悪い結果になれば、急落したりします。

 

 

あくまで上昇していた時は、

その情報に対する期待値によって上昇してることが多く、

 

その情報の真偽がはっきりと分かると、

更なる良い情報がなければ、既に価格に織り込まれているわけですから、

その後、価格が下落しやすいという構図ですね。

 

あくまで相場というのは、

色々な情報を織り込んで動いているのだという事を

頭に入れておく必要があります。

 

ただこの格言は、

あくまで目先の価格変動を述べている事が多く、

 

これが中長期の相場でいえば、

あまり関係ないです。

 

一つ一つの情報を織り込んだチャートは、

あくまでその一つ一つに対して、目先の値動きとして、

そうなる事が多いことから生まれた格言じゃないかなと私は思っています。

 

ですので、相場と向き合う際は、

テクニカルできちんと全体の値動きを把握し、

 

その上で、あくまで短期的な値動きとして利用する方がよいかもしれません。