この記事の所要時間: 550

Aeternity(エターニティ)とは

Aeternity(エターニティ)とは、

イーサリアムをベースにして作られた仮想通貨になります。

 

ただ、このAeternity(エターニティ)は、

イーサリアムが抱えている課題を色々と解決している点にも注目です。

 

オフチェーンを使う事で、

セキュリティを更に強化することに成功していますし、

取引速度も更に速くなっています。

 

その為、「高機能版イーサリアム」と呼ばれています。

 

また、イーサリアムの機能でもあるスマートコントラクトを用いることで、

将来的にDApps(分散型アプリケーション)の展開を予定しているようです。

Aeternity(エターニティ)の基本情報

通貨名 Aeternity(エターニティ)
通貨単位 AE
上限発行枚数 273,685,830AE(約2億7400万AE)
公開日 2016年12月19日
アルゴリズム(暗号化方式) Cuckoo Cycle
公式ホームページ https://www.aeternity.com/ja
ホワイトペーパー https://github.com/aeternity/protocol

Aeternity(エターニティ)のJPY価格・ランキング・時価総額

 Aeternity(エターニティ)のリアルチャート(バイナンス)


 Aeternity(エターニティ)の特徴

  • Cuckoo Cycle(クッコーサイクル)
  • State Channel (ステートチャネル)
  • 分散型オラクル
  • ガバナンスシステム

Cuckoo Cycle(クッコーサイクル)

Aeternity(エターニティ)独自のアルゴリズムで、

PoWとPoSの特性を併せ持ったものです。

 

一言で言ってしまえば、マイニングする際に、

PoWとPoSの良いとこどりをしたアルゴリズムということですね。

 

PoWは、マイナーのCPUの計算速度が早ければ早いほど、

マイニングが優先されますし、

 

PoSは、その通貨の保有量が大きければ大きいほど、

マイニングを優先してくれます。

 

このアルゴリズムを採用した事で、

スマートフォンでもマイニングをすることが可能になっています。

State Channel (ステートチャネル)

aeternity(エターニティ)では、

「オフチェーン」が利用されています。

 

どういうことかというと、

スマートコントラクトの全てをブロックチェーン上で行うのではなく、

一部をブロックチェーンを使わないオフチェーンで行っていく機能ということになります。

 

つまりブロックチェーン上では、匿名性の高いデータを処理し、

その他の匿名性の低いデータ等は、オフチェーンで処理しているということなんです。

この2つのデータ処理は同時進行でされていきます。

 

この機能により、セキュリティを高めることができ、

イーサリアムを超えた高速取引が可能となります。

分散型オラクル

分散型オラクルとは、

ブロックチェーン内部に記録されていない情報を外部から取り入れてくれる為のシステムになります。

 

スマートコントラクトは自動契約してくれますが、

世の中のめまぐるしくかわる状況に対応しにくいというデメリットがあります。

 

例えば、地震・津波などの自然災害が発生した場合、

契約内容が左右されるものに対しても、自動的にスマートコントラクトに反映できるようにしようとしたものです。

 

これに伴い、常に変化する状況に対して、

最初に自動契約した後も自動化してしまう事が可能になります。

ガバナンスシステム

これはAeternityトークンを持っている人達が、

Aeternity(エターニティ)の運営(システムのアップデート等)にも投票することで参加できるシステムになります。

 

分散型オクラルで、変化する世の中の状況を判断する際も、

その変化の決定は投票で行われるようになっています。

 Aeternity(エターニティ)が改善したイーサリアムの課題

イーサリアムの課題

  • マイニングする際に、多くその通貨を所持している人しか恩恵を受けにくい
  • 取引の全ての段階をブロックチェーンに記録している為、スマートコントラクトの処理が遅い
  • 移り変わる外部状況に臨機応変に対応できにくい
  • 全ての取引が公開されている

Aeternity(AE、エターニティ)が解決できた点

  • Cuckoo CycleによりPoW&PoSの両面の特性を持ち、マイナーへの利点が増している
  • 結果のみをブロックチェーン上に記録される為、処理速度の高速化に成功
  • 分散型オラクルによって、移り変わる外部状況に臨機応変に対応可能にしている
  • オフチェーンで行われた取引は公開されない

取扱取引所

様々な取引所で扱われており、

DragonEXで一番取引が行われています。

 

ただ一番取引がされているといっても、

全体の約20%程度です。

 

他には、以下取引所である程度の取引高があります。