この記事の所要時間: 433

Singularity Net(シンギュラリティネット)とは

Singularity Netとは、

AIに特化したプラットフォームで、

 

このプラットフォームを利用・活用する事で、

AIを気軽に作成できるようになります。

 

ちなみにAIとは、

人工的に作られた人間のような知能のことで、

一般的に「人工知能」と呼ばれています。

 

サウジアラビアで、

世界初の市民権を得たソフィア(Sophia)が有名です。

 

そしてこのソフィアを開発したのが、

Hanson Robotics社のCEOのDavid Hanson氏になります。

 

そしてDavid Hanson氏は、

Singularity Netのアドバイザーも務めています。

Singularity Net(シンギュラリティネット)の基本情報

通貨名 Singularity Net(シンギュラリティネット)
通貨単位 AGI
上限発行枚数 1,000,000,000 SALT(10億AGI)
公開日 2017年8月
アルゴリズム(暗号化方式) ERC20
公式ホームページ https://singularitynet.io/
ホワイトペーパー https://public.singularitynet.io/whitepaper.pdf

Singularity Net(シンギュラリティネット)のJPY価格・ランキング・時価総額

Singularity Net(シンギュラリティネット)のリアルチャート(バイナンス)


AI(人工知能)の歴史

AI(人工知能)と聞くと、

最近の技術のように思われている方も多いと思いますが、

 

神話の話にも人工知能を思わせる文書も残っており、

発想自体は昔からあったようです。

 

1940年代から議論や開発が本格化し、

過去2回の大きなAIブームが到来しています。

 

そして2000年に入り、技術の発達に伴い、

3回目のAIブームが到来しています。

参考:人工知能の勘所をつかむ

Singularity Net(シンギュラリティネット)の特徴

AI(人工知能)というのは作成するのに膨大な資金と時間とデータが必要になるため、

ほとんどの企業や人々が参入できるものではなかったけれど、

 

SingularityNETのプラットフォームを利用する事で、

蓄積されたデータベースの中から学ばせたいデータを選ぶことで、

AI作成が誰でも気軽にできるようになります。

 

そしてそのプラットフォーム上で公開されているAIを購入する事も可能です。

 

これがSingularity Netの最大の特徴になります。

Singularity Net(シンギュラリティネット)の懸念材料

2018年3月に亡くなった物理学者のスティーヴン・ホーキング博士は

 

「完全なるAI(人工知能)の完成は、

AIが人間に代わり、人類の終焉を意味する可能性がある」という言葉も残しています。

 

またAI同士で、

人間が理解不能な言語で会話し始めたりした実例もありますし、

 

囲碁や将棋のプロでさえも、AIに負けたりしていますし、

AIは急激に発達しています。

 

人類にとって、AIの危険性があまりにも大きくなった時、

AIのプロジェクト自体が規制されていく可能性は少なからずあるかと思います。

 

ただそれ以上に現在求めらている分野であり、

発達する可能性が非常に高い分野であることも間違いありません。

取扱取引所

もともとKucoin(クーコイン)で扱われていましたが、

現在では、Binance(バイナンス)でも取り扱われています。