この記事の所要時間: 520

Aion(アイオン)とは

Aion(アイオン)とは、イーサリアムをベースに作られた仮想通貨で、

それぞれの異なったブロックチェーンをつなぎ合わせることができるプロジェクトになります。

 

そしてつなぎ合わせる場合、

それぞれのブロックチェーンに悪影響を及ぼさないだけでなく、

新しいブロックチェーンを生成する事もできる優れものです。

 

 

ビットコインが一番分かりやすいですが、

仮想通貨にはスケーラビリティ問題というのが存在しています。

 

これは、1つのブロックに書き込める取引データが決まっているため、

取引量が非常に大きくなると、処理速度が遅くなり、結果として取引の遅延が発生します。

 

これを解決できるものがAion(アイオン)になります。

 

ちなみにスケーラビリティ問題を解決するものとして、

Lisk(リスク)等で採用されているサイドチェーンというものがありました。

 

サイドチェーンの解説&特徴(長所/短所)

 

これもAion(アイオン)と似たような役割を果たしますが、

1つ大きく違う点があります。

 

それは、ブロックチェーンとサイドチェーンは互換性がありますが、

サイドチェーン同士は互換性が全くありません。

 

それに対し、Aion(アイオン)は、

様々なパターンで互換性を持たせることができます。

Aion(アイオン)の基本情報

通貨名 Aion(アイオン)
通貨単位 AION
上限発行枚数 465,934,587 AION(4億6600万AION)
公開日 2017年9月25日
アルゴリズム(暗号化方式) ERC20
公式ホームページ https://aion.network/
ホワイトペーパー https://aion.network/whitepapers.html

Aion(アイオン)のJPY価格・ランキング・時価総額

 Aion(アイオン)のリアルチャート(バイナンス)


様々なブロックチェーン同士を繋げる事が可能

これまで複数のブロックチェーを繋げる事ができませんでした。

それを可能にしたのがAionになります。

 

Aionのプロジェクトが評価され、

期待されている最も大きな理由がこれになります。

 

既存のブロックチェーンの課題を前進させた技術の1つが、

サイドチェーンと呼ばれるものでした。

LISK(リスク/LSK)に使われている事でも有名です。

LISK(リスク/LSK)の特徴と将来性

 

ただ大元のブロックチェーンから派生させているサイドチェーン同士を、

繋ぎ合わせる事は不可能でした。

 

ですがAionでは、サイドチェーン同士でも

繋げる事が可能になります。

 

これにより、

例えばAionとビットコインやイーサリアムといったブロックチェーンをつなぐことで、

それぞれにトレードが可能になったりする利点が生まれます。

 

それにより、取引所にかかる手数料の削減などにつながっていきます。

また送金などする際の処理速度の向上にもつながります。

スケーラビリティ問題解決への期待

上でも少し触れましたが、

ブロックチェーン同士をつなぐことで、処理速度の向上につながります。

それにより送金速度があがります。

 

ビットコインではスケーラビリティ問題がよく問題になっていました。

ですが、Aionを利用する事で、この問題も解決に導く可能性を秘めています。

高いプライバシー保護の確立

Aionは様々なブロックチェーンを繋げれることから、

特定の組織(企業等)で用いられているブロックチェーンにも運用していけます。

 

そうする事で、情報漏洩を防ぎ、

情報セキュリティが高める事が可能となります。

取扱取引所

バイナンスで約50%の取引がされています。

バイナンスの他にはBilaxyでも約17%の取引がされています。