この記事の所要時間: 131

「押し目待ちに押し目なし」とは、

多くの人が一度は聞いたことがある格言の1つだと思います。

 

買い時を逃し、価格が大きく上昇した際に、

一度調整の為に価格が下落した時(押し目)に購入しようと考えるけれども、

 

相場に勢いがついた時というのは、

調整の為の押し目ができない事も多く、そのまま価格が上昇してしまい、

完全に買うタイミングを逃してしまうことをいいます。

 

 

株式で信用取引をしている人やFX(為替取引)やBTCFXをしている人ならば、

 

実際はロング(買い)以外に、

ショート(売り)という価格が下がる事を予想できます。

 

売り時を逃し、調整の為に価格が一旦上昇した時(戻り)に、

戻り売りで仕掛けようと機会を待つも、

下落が加速し、ショートで入るタイミングを完全に逃してしまう際も同じですね。

 

相場が大きく動いた時は、

買いや売りが集中する為、押し目や戻りが発生しない事もよくあります。

 

 

もしタイミングを逃してしまった場合は、無理して参加せず、

次の機会を待つ方がいいのではないかと思います。

 

そうでなければ、買いであれば高値で、

売りであれば低値で掴むことになったりしますし、

 

相場は常に動いていますし、

その時の動きが全てではありません!

 

調整を狙うも調整が入らなかった際は、

次の機会を待ち、冷静に相場と向き合っていきましょう。