この記事の所要時間: 315

Atonomi(アトノミ)とは

Atonomi(アトノミ)とは、

IoTデバイスを悪意を持ったハッカー(クラッカー)から守る為のサービスです。

 

Atonomiが誕生した理由として、

毎日約500 万台の新しいIoTデバイスが登場しており、

2020年までに世界中に200億台以上のIoTデバイスが導入されると予測されているからです。

 

Atonomiは、ブロックチェーンの技術を使って、

改ざんできないデバイスが確立できる要素を検証し、

接続されている世界中のIoTデバイスを相互的に運用できるようになります。

Atonomi(アトノミ/ATMI)の基本情報

通貨名 Atonomi(アトノミ)
通貨単位 ATMI
上限発行枚数 1,000,000,000ATMI(10億ATMI)
公開日 2018年
アルゴリズム(暗号化方式) ERC20
公式ホームページ https://atonomi.io/
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

Atonomi(アトノミ)のJPY価格・ランキング・時価総額

ロードマップ

フェーズ1(完了済み)

初期SDK(初期ソフトウェア開発キッド)・スマートコントラクト・クラウドサービスの実装(2018年)

 

フェーズ2(現在進行形)

スマートコントラクトへのアップグレード・登録の改善・SDKの拡張(2018年)

フェーズ3

ネットワーク導入ツールセット・サイドチェーンおよびスケーラビリティ戦略の実装・機能の強化(2019年)

Atonomi(アトノミ)の特徴

  • ブロックチェーン上に信頼できるデバイス識別情報を設定できる
  • デバイスレピュテーショントラッキングにより、デバイスの動作における異常を検出できる
  • デバイスの相互運用性により、製造元にかかわらず検証されたデバイス間の取引が可能になる
  • Atonomiの信頼できる環境のお陰で、第三者とビジネスを行う際のリスクを軽減できる
  • 様々な業界やユースケースでIoTデバイスをサポートできる拡張性を備えている

Atonomi(アトノミ)の特徴の詳細機能

  • IDの検証
デバイスが確立できる要素をブロックチェーンに記録し、検証する。
  • 相互運用性
製造元に関係なく、検証済みのデバイス間でトランザクションを有効にする。
  • デバイスの評判
評判は、監視された取引に基づいて計算され、記録される。
  • 拡張可能な構造
オープンなプラットフォームは、第三者による開発を可能にします。
  • トランザクションベースの環境
ATMIトークンは、信頼を検証するためのユーティリティを提供する。
  • 使うメモリー量が小さい
低電力でリソースが制限されたデバイスやネットワークを提供できる。

 Atonomi(アトノミ)の期待されている業種

  • 都市運営
  • 産業
  • 医療
  • マイホーム
  • 車両

取扱取引所

公式で発表されている取引所では、

分散取引所であるIDEXを利用されるのが無難かと思います。

 

他にもBKEXBilaxyでも取引が現在は行われているようですが、

私自身はIDEXでしか過去購入したことはありません。

 

取引されている取引所が現在限られているので、

どこで購入されるかはそれぞれの判断でされてください。