この記事の所要時間: 61

GoChain(ゴーチェーン)とは

GoChain(ゴーチェーン)とは、

「スマートコントラクトとDapps(分散型アプリケーション)をサポートするスケーラブル(コンピュータシステム)」で、

非常に高いパフォーマンスがあるプロジェクトのことです。

 

スマートコントラクトからも分かるように、

GoChain(ゴーチェーン)はイーサリアムをベースに作られています。

 

 

ちなみにスケーラブルとは、

規模の拡大にもきちんと対応可能なコンピュータシステムのことです。

 

基本的に、コンピュータシステムは、

時間が経つにつれて、規模が拡大していく可能性が高いものです。

 

ビットコインなどでも、

スケーラビリティ問題などが起こりました。

 

ビットコインのように認知度が高くなっていけばいくほど、

規模が大きくなり、対応できなくなる可能性も高くなりますが、

 

GoChain(ゴーチェーン)では、

スケーラビリティ問題などが起こりにくくなっています。

 

その結果として、イーサリアムの処理機能を大きく改善し、

低コストでの提供が可能になっています。

GoChain(ゴーチェーン)の基本情報

通貨名 GO(ゴーチェーン)
通貨単位 GO
上限発行枚数 1,000,000,000,000GO(1兆GO)
公開日 2018年5月28日
アルゴリズム(暗号化方式) ERC20
公式ホームページ https://gochain.io/
ホワイトペーパー https://gochain.io/gochain-whitepaper-v2.1.2.pdf

GoChain(ゴーチェーン)のJPY価格・ランキング・時価総額

GoChain(ゴーチェーン)のリアルチャート(バイナンス)


ロードマップ

  • 2017年12月 概念実証(完全版)
  • 2018年2月 プライベートセール(テストネットを構築)
  • 2018年3月 テストネットでのレビューが可能になる
  • 2018年5月 公売(公開トークン販売)
  • 2018年5月 パブリックネットワークの立ち上げ(メインネットは世界中のノードで公開し、1300Tx (回)/ 秒が可能になる)
  • 2018年 次世代スマート契約(盗難を防止し、現実世界の契約を反映させるためのアップグレード可能なスマートな契約)
  • 2019年 Apache 2.0ライセンス付きリライト(GoChainのエンタープライズ採用を拡大する)
  • 2019年 13,000 Tx(回)/秒(初回起動時のパフォーマンスと音量が2018円5月の時に比べ10倍に向上する)

GoChain(ゴーチェーン)の特徴

  • 公開暗号化
  • 分散アプリケーションを構築し、スマートな契約を可能にする
  • 既存のイーサリアムウォレットやスマートな契約書などのツールと完全に互換性がある
  • 迅速な取引と契約実行が可能
  • 次世代の分散型アプリケーションプラットフォームを提供できる

GoChain(ゴーチェーン)の長所

既存のマイニングの 10倍以上の分散化

マイニング事業の7割以上が中国に集中しており、

その中国のマイニング事業の大半がわずか数社によって運営されているのが現状です。

 

GoChain(ゴーチェーン)では、

そういったマイニング事業が、一部の人達にとって独占が起こらないように、

 

運営する個人や企業とは別の国にノードを置き、

マイニングの中央集権化をさせないような仕組みを取っています。

 

それにより、既存のマイニングの現状と比較して、

10倍以上の割合で分散化されます。

 イーサリアムの100倍の取引処理の実現

GoChain(ゴーチェーン)では、取引速度が非常に速いです。

 

GoChain(ゴーチェーン)のベースになっているイーサリアムでは、

毎秒13の取引処理のみです。

 

しかし、GoChain(ゴーチェーン)では、

毎秒1300の取引処理が可能で、イーサリアムの100倍の取引処理能力があります。

 

これにより多くの取引をこなすことができる為、

スケーラビリティ問題などが起こりにくくなります。

 エネルギーの消費コストが非常に低い

仮想通貨の暗号化による通信等に使われているエネルギーは、

非常に莫大なもので、

 

GoChain(ゴーチェーン)では、

今の現状を長く維持していく事は難しいと考えており、

 

既存で使用されているエネルギー消費を、

少なくとも1000分の1(1/1000)まで下げることが可能なようです。

開発チーム

開発チームは、クラウドインフラストラクチャの為に、

大規模な分散型クラウドシステムの構築に尽くしてきたソフトウェアエンジニア・ビジネスリーダー等によって構成されているグループです。

それによって様々なニーズに対応できるような開発が可能になっています。

  

アドバイザー

様々な分野のアドバイザーがおり、

その中でも注目すべき二人が、Benn Godenzi氏Etienne VantKruys氏です。

 

この二人は、

仮想通貨「WanChain(ワンチェーン)」のブロジェクトメンバーです。

 

パートナー企業

既に様々な企業と提携しています。

取扱取引所

約70%の取引がバイナンスで行われています。

他にはBittrexKucoinなどでも取引が行われています。