この記事の所要時間: 524

Agrello(アグレロ)とは

Agrello(アグレロ)とは、

エストニア共和国の弁護士・教育機関・情報技術専門家によって作られたもので、

スマートコントラクト(契約の自動化)とAI(人工知能)を利用したプラットフォームになります。

 

このプラットフォームは、

法的な拘束力を持っているのが特徴です。

 

 

またAgrello(アグレロ)は、

「デジタル契約を通して、人と法律との接し方を永遠に変える」ことを目的としています。

 

Agrello(アグレロ)は、

AIが法律家の代わりにアドバイスをしてくれ、

それにスマートコントラクトの機能を利用する事で、契約を自動化する事が可能になります。

 

つまり、Agrello(アグレロ)は、

法律と契約の特化を目指した仮想通貨ということです。

Agrello(アグレロ)の基本情報

通貨名 Agrello(アグレロ)
通貨単位 DLT
上限発行枚数 130,271,020DLT(約1億3000万DLT)
公開日 2017年5月26日
アルゴリズム(暗号化方式) ERC20
公式ホームページ https://www.agrello.org/
ホワイトペーパー https://docs.agrello.org/Agrello-Self-Aware_Whitepaper-English.pdf

Agrello(アグレロ)のJPY価格・ランキング・時価総額

 Agrello(アグレロ)のリアルチャート(バイナンス)


 

ロードマップ

~2018年~

デジタル契約プラットフォーム(特別版)をリリース

賃貸借契約の正式版をリリース

雇用契約可能なシステムのリリース

 

~2020年~

アグレロ(完全版)をリリース

Agrello(アグレロ)の特徴

  • 「SaaS」を利用している
  • 専門知識豊富なAIの存在
  • AIによる法的拘束力を持った書類が作れる
  • セットアップが簡単

「SaaS」を利用している

Agrello(アグレロ)は、

インターネット上で利用できるクラウド型のプログラムであり、

「SaaS」というシステムを利用ています。

 

「SaaS」を利用する事で

Agrello(アグレロ)上に外部のアプリケーションを提携させることが可能になります。

 

そして、利用する際は、

複数のテンプレートが用意されており、

そのテンプレートを使って、書類作成が簡単にできるようになっています。

 

 

また、テンプレートを利用することで契約の自動化も可能であり、

優れたテンプレートを作成することができた人には、報酬が与えられます。

専門知識豊富なAIの存在

Agrello(アグレロ)では、利用者一人一人に対し、

法律家の代わりにアドバイスをしてくれるAI(人工知能)が存在しています。

 

このAIは、専門知識を豊富に持っており、

スマートコントラクトの管理や書類の作成や支払いなどの処理に関して、

人に代わってやってくれる大きな利点があります。

AIによる法的拘束力を持った書類が作れる

Agrello(アグレロ)は、AIによって自動的に契約書が作られますが、

この契約書に関して、2種類のものが作成されます。

 

一つ目は、

プログラミング言語(スマートアグリーメントマークアップ言語)に翻訳され、

契約書が作成されます。

 

もう一つは、

自然言語(英語・日本語などの一般的に使用されている言語)によって契約書が作られます。

これは法的拘束力があるもので、デジタル署名がされます。

 

※デジタル署名とは、

秘密鍵と公開鍵を使った署名方式で、非常にセキュリティの高い方法です。

 

 

ちなみにプログラミング言語で翻訳された契約書は、

ブロックチェーンに書き込みがされ、改ざんができないよういなっています。

 

イーサリアムで有名なスマートコントラクト(契約の自動化)は、

「solidity」という専門性が高い言語で、使える人が非常に限られていました。

 

この問題点を克服し、一般的に普及させる事が可能になるものとして、

Agrello(アグレロ)への期待は高まっています。

セットアップが簡単

Agrello(アグレロ)では、

テンプレートなどを使う事で、複数の契約を短い時間でセットアップが可能になります。

 

また、用意されているテンプレートを利用し、

「ドラッグ&ドロップ」で簡単に契約することができるようになっています。

取扱取引所

約99.8%の取引が、

バイナンスで行われているので、

 

購入する場合は、バイナンスで購入されたことをお勧めします。