この記事の所要時間: 138

「大衆は常に天井を買い、底値を売る」とは、

初心者に多く見られる取引状況への皮肉を言葉にしたものです。

 

取引経験が浅い人や取引で損ばかりしている人は、

知らず知らずのうちに、ニュースなどで価格が高騰しているのを見て、

慌てて高値になって飛びつく人が多いです。

 

もちろん高値で購入しているので、

結果として損をする場合が多い傾向にあります。

 

その行為は、経験不足からくるもので、

少しでも恩恵に預かろうという欲からくるものです。

 

 

売る場合も同じで、

明らかに安いのにそこで売ってしまう人が多く、

結果として大きく利益を取り損ねてしまう場合が多いです。

 

 

取引していく中で稼ぐ為には、

価格が高騰したり、下落したりする事実に、

右往左往して飛びつくものではなく、

 

価格が低迷している明らかな下落相場なら、

密かに買って上がるのを待つ。

 

その後大きく上昇した場合は、

売ってしまい、自分の欲をコントロールする事が大事です。

 

相場がなかなか転換せず、

底値付近をうろうろしている時こそ我慢して、

 

少しずつでも買い増し、大きく上昇するのを持つことが、

大きく稼ぐ為には必要な事なのです。

 

売る時も同じです。

 

 

今回紹介した格言は、

初心者の方が陥りやすい事に対する皮肉からできたものでなので、

 

なかなか稼げてない人は、

自分自身がそういう取引をしていないか冷静に考え直すのも大事です。