この記事の所要時間: 14

「金は手のひらに乗って、それを握るまではアテにするな」とは、

「取引中は、含み益が出ていようと、

利益確定するまでは油断するな」という意味になります。

 

取引した時に予想が当たれば、含み益が発生します。

逆に予想が外れ、価格が下がってしまえば、含み損が発生します。

 

これは取引をしている上で、

どちらも可能性があるものなので、

 

例え含み益が発生していたとしても、

利益確定をして取引終了するまでは安心してはいけないものです。

 

「もう少し価格が上がるかもしれない」と利益確定を渋っているうちに、

相場が転換し、含み益が含み損に変わる場合もあります。

 

 

そしてこの格言が最も言いたいことは、

取引終了の「タイミング」の大事さだと思います。

 

利益確定は正義であり、

もっと利益が狙えるかもという欲を制御し、

 

最終的にその取引を含み益・含み損で終われるかは、

貴方自身のやり方次第ということですね。