この記事の所要時間: 452

ZCoin(ゼットコイン)とは

ZCoin(ゼットコイン)は、

2016年10月にZCASHでもお馴染みの「ゼロ知識証明」というシステムを利用している仮想通貨です。

このゼットコインは、民間の金融取引をする際のプライバシー保護を実際に実現した仮想通貨になります。

 

日本では匿名性が高い通貨は、犯罪に使われる可能性がある為、

金融庁にとっても認めくい通貨の一つではありますが、

モネロ・ダッシュ・ジーキャッシュといったように匿名性の高い通貨は海外では非常に評価されています。

 

例えばビットコインのトラザクション(取引履歴)は、

世界中のすべての人に公開されています。

 

それがビットコインのメリットでもあるのは確かですが、デメリットにもなっており、

実際トラザクション(取引履歴)から個人資産等の個人情報が推測できてしまう問題が起こっています。

 

そういうのに対応して生まれたのが、匿名性通貨です。

Zcoinもその一つになります。

ZCoin(ゼットコイン)の基本情報

通貨名 ZCoin(ゼットコイン)
通貨単位 XZC
上限発行枚数 21,000,000XZC(2100万XZC)
公開日 2016年10月6日
アルゴリズム(暗号化方式) POW(Lyra2RE)
公式ホームページ https://zcoin.io/
ホワイトペーパー http://zerocoin.org/media/pdf/ZerocoinOakland.pdf

ZCoin(ゼットコイン)のJPY価格・ランキング・時価総額

 ZCoinチャート(バイナンス)


 ZCoin(ゼットコイン)の特徴

  • 匿名性通貨である
  • ゼロ知識証明を採用している
  • 送金側・受取側の情報は完全非公開だが、取引量は公開されている

「ゼロ知識証明」と匿名性通貨ZCoinの立ち位置

ZCoinが採用している「ゼロ知識証明」は、

「送金側・受金側・取引量(送金額)」といったお金の流れを完全に消せる技術です。

 

ビットコインでは、

「送金元アドレス・受金側アドレス・取引量(送金額)」すべてが記録に残り、お金の流れが簡単に分かります。

ですが、ゼロ知識証明を使うことで、これら全ての情報を分からなくできます。

 

ゼロ知識証明の凄い点は、取引履歴を公開してなくても、

誰から誰にどれだけの金額を送ったかをきちんと証明できるというのが優れた点です。

 

ジーキャッシュの場合は、「ゼロ知識証明」を採用し、

上記のように完全な匿名性を実現していますが、

 

同じ「ゼロ知識証明」を採用しているZcoinは、

取引量だけは公開されています。

 

ですので、モネロ・ダッシュと同じ立ち位置で考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

 

取引量のみを公開することで、

取引の改ざんやバグ発生などの有事の際の追跡を可能にしています。

ZCASH(ジーキャッシュ/ZEC)の特徴と将来性

Monero(モネロ/XMR)の特徴と将来性

DASH(ダッシュ/DASH)の特徴と将来性

取扱取引所

全取引の約43%程度がバイナンスで取引されているので、

購入を検討している方は、バイナンスで購入されると良いかと思います。