この記事の所要時間: 543

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)とは

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)は、

2017年11月12日にビットコイン(BTC)からハードフォーク(分裂)して誕生した仮想通貨になります。

 

発行上限枚数はビットコインと同様の2100万枚になっており、

基本的にビットコインと同じ性能になります。

 

ビットコインゴールドが誕生した経緯としては、

通貨自体は、非中央集権的特徴を持つビットコインですが、

マイニングする際「中央集権的な状態」になってしまっていた事が問題でした。

 

それを解決するものとして、香港のマイニンググループである「LightningASIC」によって、

ビットコインゴールドは誕生しています。

 

マイニングに対するこの点が、ビットコインと大きく違う点になります。

 

つまりビットコインゴールドは、

ビットコインのマイニングの難易度を調整する為に、生まれた通貨です。

 

ただ結局は、マイニングをしている一部の人達に、

マイニング報酬を更に稼がせる為に生まれた仮想通貨だという懸念もあるようです。

 

ちなみにビットコインキャッシュ(BCH)もビットコインからハードフォークしてできた仮想通貨ですが、

この時は、ビットコインの送金速度の問題を解決するために誕生しています。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)の特徴&将来性

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の基本情報

通貨名 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
通貨単位 BTG
上限発行枚数 21,000,000 BTG(2100万BTG)
公開日 2017年11月12日
アルゴリズム(暗号化方式) POW(Equihash)
公式ホームページ https://bitcoingold.org/
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)のJPY価格・ランキング・時価総額

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)チャート(バイナンス)


Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の特徴

  • ビットコインからハードフォーク(分裂)してできた仮想通貨
  • POWにEquihashというハッシュ関数を使用する事でマイニングの平等性・透明性を上げている
  • リプレイアタックに対応している

POWにEquihashというハッシュ関数を使用する事でマイニングの平等性・透明性を上げている

ビットコインのマイニングでは、

「ASIC」というマイニング専用機械を使ってマイニングしています。

 

電気代も非常にかかってしまう為、

多くのASICを使って、電気代が安い国で稼働をさせている現状です。

その為、一部の人達(特に中国)によってマイニングが独占されてしまっています。

 

管理者がいない非中央集権型を目指して生まれたビットコインのはずが、

マイニングという分野で平等性がなくなってしまっています。

 

その問題を解決するために、

ビットコインで使用しているアルゴリズムPoW(SHA-256)を変更して、

ASICを使ってマイニングを出来ないようにして作られたのがビットコインゴールドになります。

ビットコインゴールドでは、「SHA-256」に変わって「Equihash」が採用されています。

 

そしてビットコインゴールドでは、

一般的なパソコンにも内蔵されている「GPU(私たちが使っているパソコンにも搭載されているグラフィックボード)」機能を使って、マイニングができるようになっています。

※GPU(Graphics Processing Unit)・・・コンピューターにおける機能の1つで、画像処理を得意としている処理装置のこと。

 

これによりマイニングの平等性・透明性を高くなっています。

リプレイアタックに対応している

仮想通貨がハードフォークが行われた際などにセキュリティの面で懸念されることとして、

リプレイアタックというものがあります。

 

これは、今回でいえば、

ビットコイン&ビットコインゴールドといったように作りが似ている仮想通貨に対して、

 

悪意あるユーザーによって、ビットコインだけを送ったのに、

ビットコインゴールドをビットコインとは別に二重送金させたりっする問題のことを言います。

 

このビットコインゴールドは、

このリプレイアタックへの対策がしっかりできている仮想通貨になります。

取扱取引所

全取引のうち約30%程度がBithumb取引所で取引されています。

他にはBinanceBitfinexOKExなど様々な所で取り扱われています。