この記事の所要時間: 413

DAG通貨一覧

  • Nano(ナノ/NANO)
  • IOTA(アイオタ/IOTA)
  • Byteball(バイトボール/GBYTE)
  • Aidos Kuneen(エイドスクニーン/ADK)

DAG通貨とは

DAG(Directed Acrylic Graph)とは、

ブロックチェーンを基礎としない新しい技術のことで、

 

ブロックチェーンの構造は、一方向のみの直線的なものであるであるのに対して、

それに対し、DAGでは1つ1つが綺麗に繋がっているのではなく、

複雑に分散しながら1方向に向かって伸びていき、糸のように絡み合った構造になっているのが特徴です。

 

ブロックチェーンのイメージ

DAG(Directed Acrylic Graph)のイメージ

 

 

ブロックチェーンを基礎としないがゆえに

ビットコインなどが抱えている問題から解放されています。

その点から、DAGの大きなメリットとして、以下の2点があげられます。

  • スケーラビリティー問題がない
  • トランザクション展性からの解放(処理速度が早い)

「スケーラビリティ問題」・・・取引量の増加に伴い、現行のブロックチェーンでは対応できないという問題。

ビットコインでは、ブロックのデータ容量に余裕がなくなり、送金遅延等の問題が起きてしまっています。

 

「トランザクション展性」・・・トランザクションとは、誰から誰にいくら送金されたかが分かる取引履歴の事です。

この取引履歴には、一つ一つIDが設定されています。

このトランザクションID(取引履歴ID)のデータが、外部から不正・改ざんできる脆弱性がある問題。

 

ブロックチェーンは、一つ一つの取引の認証が同期されており、同時に行うことができません。

順番に一つ一つずつ認証処理をしていくので、送金遅延などがどうしても起こってしまいます。

 

また、DAGを採用する事で、

一つ一つの取引の認証を同時に処理する事が可能になります。

同時に処理する事が可能なのは、それぞれの取引が非同期だからです。

これにより非常に速い取引速度が実現しています。

DAG通貨の簡単な比較

仮想通貨名 Nano IOTA Byteball Aidos Kuneen
単位 NANO IOTA GBYTE ADK
公開日 2016年2月29日 2016年7月11日 2016年9月5日 2017年6月6日
上限発行枚数 約1億3300万NANO (約2780兆IOTA) 100万GBYTE 2500万ADK
アルゴリズム DPoS( delegated Proof of Stake) Tangle DAG i Mesh

DAG通貨のそれぞれの特徴&将来性

Nano(ナノ/NANO)

Nano(ナノ/旧RaiBlocks)の特徴と将来性

IOTA(アイオタ/IOTA)

IOTA(アイオタ/アイオータ)の特徴と将来性

Byteball(バイトボール/GBYTE)

Byteball(バイトボール/GBYTE)の特徴&将来性

Aidos Kuneen(エイドスクニーン/ADK)

Aidos Kunee(ADK)の特徴&将来性