この記事の所要時間: 059

「漁師は潮を見る」とは、

タイミングを計りながら相場の方向性を決めたり、取引していく事をいいます。

 

漁師は潮の満ち引きを見ながら、漁ををします。

このこのことからも分かるように、この「漁師は潮を見る」は、

漁師を投資家に例え、潮を相場の流れに例えられています。

 

相場にはレンジ相場、上昇トレンド、下降トレンドがあります。

そして基本的に、上下の波を描きながら力の強い方に動いていきます。

 

投資家にとって、相場の波を読むことは非常に大事な事で、

波に逆らって取引しても、良い結果を得られません。

 

誤って流れに逆らったと分かった時は、

素直にそのトレードから身を引き、

 

逆にうまく波に乗れたという時は、

その波を大いに活かすことを心がけていきましょう。

 

この上下の波を乗りこなす事は、成功を収める上で絶対条件なので、

トレンドを少しでも正確に読めるように精進していきましょう。