この記事の所要時間: 151

「迷わば売れ」とは、

一言で言えば、「相場が上がるか下がるか迷った時は迷わず売ってしまえ!」という格言になります。

 

ポジションを持つ際には、相場の上昇・下落を予想し、

きちんと根拠を持っておかないといけません。

 

根拠を持ってポジションを持った場合も、結果は表裏一体です。

相場が自分自身が予想した通り動く場合もあるでしょうし、

逆に予想と反した動きをする場合もあると思います。

 

きちんとした考えのもとポジションを持っていても、

その通りに行かない事が日常茶飯事に起こるのが相場の世界です。

ましてや根拠もないのにポジションをもっていれば、それはただのギャンブルに過ぎません。

 

この格言はとにかく、

「ギャンブルはするな! 根拠が持てる時だけ勝負しろ!!」と暗黙のうちにいってるんだと思います。

 

また、予想通り相場が動いて利益が出ている状態で、

「もう少し上がりそうだけど下落しそうな気もする・・・」

「上がるかどうか分からないけど、もっと高くなったらもったいない・・・」などと

根拠が無くなった状態で持っている事自体ナンセンスです。

 

そういう時は、迷わず売ってしまって、確実に利益を確定した方がよいです。

その後、更に高値をつけたとしても、それはあくまで結果論に過ぎず、

根拠を持って相場が見れてない状態では、そこから利益がなくなり、大きく損失を出す可能性もあるわけです。

 

これは現在でいうところの、売り(ショート)から入った場合も同じ事がいえます。

ポジションに根拠がなくなってしまったら、迷わず手仕舞うのがよいということです。

 

そしてまた根拠が持てた時に、

心機一転相場に向き合えばよいだけですからね。

 

そういった取引を常に心がけ、運に任せるような取引は少しでも避けていき、

一つ一つの取引を大事にしていきましょう。