この記事の所要時間: 139

相場は、上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場と大きく三つに分ける事ができます。

相場の鉄則として、大きな流れに逆らっては勝てるものも勝てません。

 

「長いものには巻かれろ」ということわざがありますが、

それと似た感覚で相場と向き合う必要があります。

 

相場の大きな流れというのは、そう簡単に変わりません。

長期で上昇トレンドの流れならば、押し目を拾い、買い目線でやっていく事で

リスクを抑え、簡単に利益を追求することができるようになります。

 

そういう時に、逆張りを繰り返し、「売り(ショート)」で、

落ちる方を予測して参加すると痛い目にあいます。

 

何度逆張りで「売り(ショート)」をしかけても結果は同じで、

大きな流れに飲み込まれて終わる事が大半です。

 

また上昇トレンドの最中に悪材料が出て、価格が大きく落ちる事もありますが、

上昇トレンドの中では、それが押し目になり、再度上昇トレンドの波に乗って、上がっていく事が多いです。

 

逆に、下降トレンドの時も同じです。

大きな流れに逆らってもまず負けます。

 

下降トレンドの中で好材料が出て、一時的に価格が急騰しても、

下降トレンドの大きな流れには逆らえず、再度下降トレンドの流れに戻る事が多いです。

 

なので、下降トレンドの時に好材料で一時的に価格が急騰した場合は、

さっさと売ってしまった方が良いとも言っています。

 

「上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れ」という格言は、

きちんとトレンドというものを理解したもので、

絶対に頭の片隅にでも置いておいた方がよい格言だと思います。