この記事の所要時間: 655

Ethos(イーソス)(旧Bitquence(ビットクエンス))とは

Ethos(イーソス)は、デジタル通貨を従来の法定通貨のように、

誰でも簡単に使えることを目的に開発された仮想通貨資産管理プラットフォームのことです。

 

もともとEthos(イーソス)は、Bitquence(ビットクエスト)という名前でしたが、リブランディングされ、名前が変わりました。

※リブライディング・・・これまでのブランドを再構築して、より効果的なブランドを立ち上げることです。

一言でいえば、「ブランド開発」「ブランド再生」という意味です。

ちなみにリブランディングを短縮した「リブランド」も同様によく使われている言葉です。

 

イーソスは、ブロックチェーン技術の採用をこれまでより加速させることによって、

誰でも仮想通貨市場に参入できるようにすることを目的としています。

 

そしてユーザーは「Ethos Social」と呼ばれるコミュニティエコシステムに参加し、

評価やレビューによってイーソスの仕組みを構築することも可能です。

 

また、資産を完全に管理できる「ユニバーサルウォレット」によって、

パスワードを安全に利用することを可能にし、ネットワークによって預金・出金、送金、両替を即座に行うことが可能になります。

また常にそれらを監視することができます。

 

仮想通貨は、前よりもだいぶ認知度があがってきましたが、

それでも仮想通貨の普及はだいぶ遅れていると思います。

 

その大きな理由として挙げられるのは、

手続きの複雑さ・パスワード・セキュリティ対策による管理の大変さだと思います。

それを解決に導いてくれる可能性があるのがイーソスになります。

Ethos(イーソス)の基本情報

通貨名 Ethos(イーソス)
通貨単位 現在単位は、Ethos(ETHOS)

旧単位は、Bitquence(BQX)

上限発行枚数 222,295,208 BQX(約2.3億BQX)
公開日 2017年6月13日
アルゴリズム(暗号化方式) ECR20
公式ホームページ https://www.bitquence.com/
ホワイトペーパー http://www.bitquence.com/wp-content/uploads/2017/05/BitquenceWhitePaper.pdf

BQX(ETHOS)のJPY価格・ランキング・時価総額

 

BQX(ETHOS)/BTCリアルチャート(バイナンス)


 

『Bitquence』から『Ethos』へリブランディング

リブランディングは、既存のブランドイメージを方向修正し、

自分たちの思い描いている形に近づけるために、将来的展望を見据えた新しいものに変化させることで、

イーソスとして、ますますの社会への浸透を目指しています。

≪旧ロゴ≫

 

≪新ロゴ≫

ユニバーサルウォレット

イーソスのユニバーサルウォレットにより、

資産を完全に管理することが可能になりました。

 

「これまでと何が違うの?」と思われる方もいるかと思いますので、

まず説明していきたいと思います。

 

例えばドルや円などの法定通貨は、

国や地域によって使える場所が限られています。

 

逆に仮想通貨は、国や地域の枠組みに使われず、いつでもどこでも取引が可能です。

しかし、管理については法定通貨の足元にも及ばないほど不便なのが現状です。

 

仮想通貨の取引をしている人なら、誰でも体感している事だと思いますが、

管理が非常に大変で複雑で、それぞれの仮想通貨に合わせて複数のウォレットで管理する必要があります。

現状の法定通貨と大きく異なる点が間違いなくこれです。

 

また仮想通貨を購入する際も、

扱っている取引所に口座開設をして、そこにビットコインやイーサリアムを送って購入しないといけないなど、

かなり不便な現状です。

 

ですが、これらの不便さを解決してくれる可能性があるのがイーソスになり、

ユニバーサルウォレットになります。

 

また、いつでも自分自身の資産が安全に守られていることを確認できます。

ユニバーサルウォレットの特徴

  1. 強力なパスワード管理
  2. いつでも仮想通貨を監視可能
  3. ワンクリックのみで異なる仮想通貨に即座に交換可能

 

強力なパスワード管理

ユニバーサルウォレットは

オンラインウォレット(取引所含む)に晒されることがないので、

セキュリティ上、非常に安心できるものです。

 

このユニバーサルウォレットは、時間や場所を問わず、

簡単・安全・即時にあらゆる通貨を自由に保管・移転することができます。

いつでも仮想通貨を監視可能

イーソスは、イーサリアムをベースとしたプラットフォームを使っています。

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクト(契約)という機能をもっていることです。

 

イーソスでは、このスマートコントラクトを最大限に利用することで、

仮想通貨の様々な取引を簡易化・簡略化することができます。

 

それに伴い、預金・出金・送金・交換を即座にいつでも行うことができます。

 

また、送金中の通貨をいつでも監視することも可能です。

そしてそれらの監視している情報を、電話・メール・EthosIDに無料で送信することもできます。

ワンクリックのみで異なる仮想通貨に即座に交換可能

これはそのままの意味で、

ワンクリックのみで、異なる通貨に即座に交換することができます。

 

またイーソスを使う事で、仮想通貨をきちんと管理できるため、

効率よくリスクを分散させることもできます。

コミュニティエコシステム

イーソスはウォレットの役割だけでなく、コミュニティエコシステムの機能も果たします。

これは誰でも参加でき、参加した人の記録は、クラウド上にきちんとバックアップされていきます。

 

イーソスは、このコミュニティエコシステムの機能を使うことで、

仮想通貨市場への参入を簡単にしてくれます。

取扱取引所

世界の取引高の97が、バイナンスで扱われていますので、

購入される方は、バイナンスで購入されることをおすすめします。

 

※バイナンスでは現在もBQXという単位で取引されています。

ですが、BQXで取引はしていますが、ETHOSできちんと取引している事となっています。

BQXの下にきちんとETHOSと記載されています。