この記事の所要時間: 143

「辛抱する木に金がなる」とは、

「どんなことでも我慢して、地道に頑張っていれば、やがて成功し、財産を築ける」という意味で、

投資の世界では、中長期相場における辛抱や忍耐の大切さを説いている格言になります。

 

基本的に、どんな相場も一直線に一方的に上がり続ける上昇相場はありません。

大きな流れの中で、小さな上下の動きを何度も繰り返します。

 

その流れの総合的な結果として、

右肩上がりの相場であったり、右肩下がりの相場であったりします。

 

大きな上昇の結果として最大の上昇地点は天井になりますが、

その天井に到達するまでには、何度も何度も下押しを受けますし、その下押した先に上昇が約束されているわけじゃありません。

 

ですが、何事も辛抱した先に、チャンスがあるということです。

特に将来的に有望なものに対しては、この辛抱・忍耐の精神は必要になってきます。

 

もちろんなんでもかんでも辛抱して取引すれば、

大きな利益を得られるとは限りません。

 

ただ、この格言が言っている事は正しいです。

例えばその時期の相場が非常に悪かったとします。

 

悪い相場状況の中では、

将来的に有望な銘柄や通貨は全体的に価格は下落している事が多いです。

本当に将来性があるものならば、辛抱した先に、大きな結果が獲得できるチャンスが眠っています。

 

もちろん状況に応じて、売り買いはしないといけません。

売りタイミングを間違えて、大きな損益を被ったりしては意味がありません。

 

ですが、本当に将来性があるものであれば、

目先の下落なんかに惑わされなければ、その先に明るい結果が訪れる可能性が高いです。

それを的確に表した格言だと私は思います。