この記事の所要時間: 626

POA Networkとは

POA Network(POA)は、

イーサリアムをベースにしたスマートコントラクト(契約)と

DApps(分散型アプリケーション)の仕組みをあわせもっているプラットフォームのことです。

POA Networkは、Proof of Authority(PoA)という仕組みに支えられており、

これによりスマートコントラクトの機能をより速くし、コストもより安価に抑えて実行することができるようになります。

 

ただ、アプリケーションをつくっても広まらないと意味がないので、

その為にもPOA Networkをもっと広めていくことが大事になってきます。

公開日

2017年7月20日

通貨単位

POA

上限発行枚数

252,460,800 POA(約2.5億POA)

アルゴリズム(暗号化方式)

PoA(Proof of Authority)

公式ホームページ

https://poa.network/

ホワイトペーパー

https://github.com/poanetwork/wiki/wiki/POA-Network-Whitepaper

 

POA NetworkのJPY価格・ランキング・時価総額

POA/BTCリアルチャート(バイナンス)


POA Networkの特徴

  • イーサリアムをベースにしたスマートコントラクト
  • 「DApps(分散型アプリケーション)」
  • 「Proof of Authority」という中央集権的な仕組み
  • 限られたValidator(バリデーター)がネットワークを支えている
  • ガバナンスDAppsを使っての「Validator(バリデーター)」の削除・追加方式
  • ブロック生成時間が5秒

 

ロードマップ

  • 2017年4月:プロジェクトスタートと最初のバリデーター誕生
  • 2017年5月:NotaryCoinはOracles Networkに改名し、2017 Hackathonを獲得
  • 2017年8月:12の独立したバリデーターでテストネットを立ち上げる
  • 2017年9月:POAネットワークウィザードを使用してトークンセールスを公開
  • 2017年10月:最新ネットワークのクロスチェーンTGEのためのパリティブリッジと統合されたトークンウィザード
  • 2017年12月:POAネットワークのメインネットを立ち上げ
  • 2018年1月:ブロックチェーンのスケーラビリティに重点を置いて拡張した
  • 2018年前半:複数のPoAベースネットワークによるDApp接続
  • 2018年後半:インターリーダープロトコルによって、複数のPoAネットワーク接続されたプラットフォームになる

 

POA Networkの土台になる『DApps』

イーサリアムのネットワークでできることは、

POA Networkでもできるとこれまでの実績として公式として発表しています。

POA Networkを利用することでDApps(分散型アプリケーション)を同時に展開することができます。

 

これはどういうことかというと、

「より多くの人達に、開発したDApps(アプリ)を使ってもらおう」ということですね。

Proof of Authority(POA)を支えるValidator(バリデーター)

Authority(オーソリティ)を日本語で訳すと、「権限」という意味になります。

従来では、ブロックチェーン上で行われているマイナーが取引を承認していたのですが、

Proof of Authority(POA)では「Validator(バリデーター)」と呼ばれる人物を設定し、

その人間にブロックチェーンの保護の権限を与え、POAネットワークを支える仕組みになっています。

 

 

例えば、ビットコインの場合は、

マイニングをするマイナーと呼ばれる人たちが、計算能力がものすごく早いコンピュータを使って、

高い電気代を使いながら、お互いに競いながら、一番早く計算できた人に報酬として報酬を貰っている状態です。

計算方法も複雑なことから認証に時間がかかる為、約10分かかってしまいます。

POA Networkの場合はValidator(バリデーター)と呼ばれる人たちが、取引の承認を行う権限をもっています。

これは従来のブロックチェーン上で行われているマイナーが取引を承認する仕組みと異なり、

新しいブロックを作成してブロックチェーンを保護する際の一連の「権限」を行使する仕組みです。

 

そのため、Validator(バリデーター)が取引を適正に判断する為に、

非常に大事な役目を担っています。

 

もちろんここで考えられることは、

「特定の人に権限を与えてしまっては、不正が起こるんじゃないか?」ということですが、

そういう事が起きないように厳しく審査を行った上でバリデーターを決定しています。

Validator(バリデーター)はとても重要な役割を担っているため、

名前・住所・犯罪記録の有無などを厳しく調査した上で選出されます。

参考:Validator(バリデーター)情報

2018年5月現在17名のValidator(バリデーター)が選出されています。

 

 

ですので、POA Networkは、特定のValidator(バリデーター)の人達が認証を行っているので、

拘束で認証を行うことができるようになります。その時間は5秒だと言われています。

 

認証が早いということは、それにかかるコストも割安に抑えられるということになります。

 

PoW・PoS・PoI・PoC・PoAの比較

ガバナンスDApps

Validator(バリデーター)を追加・削除の際、

ガバナンスDAppsというものを利用して、バリデーターの追加や削除を投票で決定します。

これは、他の通貨に見られない方法で、Validator(バリデーター)を厳選して決めていく上で、非常に意味のあるやり方だと思います。

取扱取引所

世界の取引高の約97%がバイナンスで取引されている為、

購入される方はバイナンスで購入される事をお勧めします。