この記事の所要時間: 142

「麦わら帽子は冬に買え」とは、

麦わら帽子は夏に必要なものだけど、それを全く逆の季節である冬に買うということです。

 

 

普通は夏に使うものを冬に買うなんてことをしません。

必要なものを必要な時に買うものです。

 

ですが、投資の世界では、

その常識を打ち破って、非常識で物事を考える必要性があることも多いです。

需要がない季節だからこそ、買う人がほとんどいないので、安価に多く購入することができます。

 

だからこそ、市場が賑わっている時に投資をするのではなく、

市場が閑散としている時に密かに買い物をすることで、良い結果で終われる事が多いです。

 

また市場が賑わっている時でも、

全く人に注目されておらず、価格が下落している上昇の可能性が今後高い銘柄や通貨を探し、

早めに仕込む事も非常に大事だと言っていますね。

 

市場が閑散としている時は、

潜在能力を大きく秘めたものでも価格が下落している事が実際多いです。

 

逆に、市場が賑わっている時は、

期待もできないような銘柄・通貨も相場の賑わいに連鎖して上がる事も多々あります。

 

 

人がこぞって参加している時につられて参加することは、

稼ぐことを目的にして参加したはずなのに、逆に損をする結果で終わる事も多いです。

 

ですので、明らかに誰が見ても相場が閑散としてるなと思ったら、大きなチャンスが沢山転がっているので、

そういう時は、勇気を出して価格が安くなってる銘柄や通貨を仕込んでおけば、

 

自然と相場が賑わってきた時に、大きな利益を残せる可能性が非常に高く、

それを的確に教えてくれている格言になります。