この記事の所要時間: 624

Nucleus Visionとは

Nucleus Visionとは、ハーバード大学で誕生したもので、

小売業界の顧客管理を改善する為に、ブロックチェーンによる解決を目指したプロジェクトです。

 

現在インターネットが普及し、

アマゾン・ヤフー・楽天などのネットショップが、利用者のニーズに応えて規模を拡大していく一方で、

小売店は利用者のニーズを把握できずにどんどん少なくなっていっています。

 

 

Nucleus Visionは、

小売店で顧客情報を収集できないというデメリットを解消するために、

 

IoTベースの非接触識別システムで、

顧客のニーズの情報を収集し、それをマーケティングに活用していけるようになります。

 

例えば、一度購入された商品を販促させたり、

利用者が実際に購入した商品のアピールなどを人件費を掛けずに行うことが可能になります。

 

 

また店舗は、WiFi、Bluetooth、GPSを使わなくても

IoTセンサーで顧客の情報を収集して販促することができるので、

非常に取り入れる際の敷居が低く、導入する店舗にとって敷居が低い事は大きなメリットになります。

 

顧客情報というのは、企業にとって資産といえるもので、それをきちと把握することによって、

より効果的にサービス提供できるようになりま、現在導入店舗も増加してきています。

公開日

2017年10月

通貨単位

NCASH

上限発行枚数

10,000,000,000NCASH(100億NCASH)

アルゴリズム(暗号化方式)

公式ホームページ

https://nucleus.vision/

ホワイトペーパー

https://docsend.com/view/sfdfg6p

 

NCASHのJPY価格・ランキング・時価総額

NCASH/BTCリアルチャート(バイナンス)


Nucleus Visionの特徴

  • 小売店が抱えている顧客管理問題を解決できる
  • 実店舗のマーケティングの促進化できる
  • 敷居が非常に低く、既に10店舗で導入されている
  • 複数の大企業とパートナー契約をしている
  • 40人の開発陣が優秀

ロードマップ

  • 2013:ハーバード大学のボストンで創設
  • 2014:TIm Draper(ティム ドレイパー)氏による出資提供
  • 2015年:PoCを実施し、コンセプトの明確化
  • 2016年:製品をリリースする
  • 2017年:10店舗で発売開始
  • 2018年:トークン販売し、小売業界へ進出
  • 2019年:小売業界のグローバル展開
  • 2020年:住居などのセキュリティサービスへの進出
  • 2021年:小売業界&住居などのセキュリティ強化
  • 2022年:世界中へ展開していく

Nucleus Visionを支える4つの技術

Ion Sensor Network

200メートル以内の顧客を一瞬で識別することが可能になる

温度・動き・音などを探知できる

Orbit Blockchain

顧客ID・顧客データ・NCASH通貨の情報を、安全かつ正確に交換できる

Neuron Maching Learning

IONとOrbitからデータを収集できる

リアルタイムな顧客の人物像を作成できる

Ncash Universal Utility Program

データ転送の際に使用する

ロイヤリティプログラムで使用する

導入が非常に簡単

インストールを簡単に行う事が可能です。

また、電源コンセントに差し込むだけでIONを店舗導入できる為、非常に敷居が低く、

Nucleus Visionが対応しているネットワークに即座に参加することが可能になります。

サービスが既に稼働している

Nucleus Visionは、

2016年からサービスが既に公開しており、現在既に10店舗での導入が行われています。

 

これは、利用者の行動データの把握だけでなく、

在庫管理、顧客管理、携帯を利用したマーケティングの促進などで使われています。

小売業界以外へも展開予定

IoTセンサーやブロックチェーン技術を用いて、

住居などのセキュリティシステムを構築しよとしています。

 

また、スマートコミュニティ・農業・医療・交通関係への大規模なアプリケーション提供も予定しています。

様々な大企業と提携

Nucleus Visionは、世界の様々な大企業と既にパートナーを組んでいます。

「Intel」や「Wave Net Solutions」なども参加しています。

 

特に日本人でもよく知られているのは、インテル(Intel)だと思います。

「インテルはいってる」というCMを一度は見た事ある人は多いのではないでしょうか!?

身近でいえば、パソコンを持ってる人でインテルを知らない人はいないでしょう。それぐらいの大企業です。

 

世界の大企業が、将来の可能性が見いだせないところとパートナー契約を結ぶ事は考えられませんし、

大企業もきちんと考えたうえで、Nucleus Visionの将来の可能性を見出した可能性は大きいです。

40人の開発メンバーが優秀

Nucleus Visionには、Avinash Pitti氏やMartin Dudley氏を筆頭に、

様々な分野に特化した40人の開発メンバーが在籍しています。

メンバーの振り分け

  • 開発者9人
  • データ関連の科学者:5人
  • IoTプラットフォーム設計者:1人
  • 分析の専門家:5人
  • 技術者:9人
  • 運営者:11人

 

その通貨の将来性は、開発陣が優秀であるかないかというのは非常に大きな意味を持っており、

優秀な開発陣がいることで、開発は進み、世間に受け入れていける可能性が大きくなります。

そういう意味でも、Nucleus Visionは将来期待していける可能性が高いと思います。

取り扱い取引所

取引の98%がバイナンスで行われているので、

購入される方はバイナンスでの購入をお勧めします。