この記事の所要時間: 14

~先人達の格言を学ぼう~ 「当たりはずれは世のならい」

「予想があたっても自慢するような凄いことではないし、

負けても落ち込むようなことではない」という意味になります。

「勝って驕らず、負けて腐らず」ということですね。

 

「当たりはずれは世のならい」というと、

丁半博打・ギャンブルのような感じに聞こえてしまいますが、

 

どんなにテクニカルを駆使しようが、ファンダメンタルズを駆使しても、

結果は上か下の2択しかなく、必ず当たるか外れます。

 

この格言が最も言いたい事は、一回一回の取引結果に一喜一憂する意味は全くなく、

トータルとして、取引を安定させ、勝ち続けていく事が一番大事だといいたいのだと思います。

 

例えば、

一昨日小勝ち→昨日大負け→今日大勝ち→明日小負け→明後日大負け

こんなんじゃ意味がないということです。

 

結局は、

一昨日小負け→昨日小負け→今日小勝ち→明日大勝ち→明後日小勝ち

のように大きな負けを避けつつ、淡々と取引を繰り返し、トータルで勝ち続ける事が大事だということです。