この記事の所要時間: 51

Time New Bank(タイムニューバンク)とは

Time New Bankとは、ブロックチェーン技術を用いて作られており、

Miao’A International Timechain(M.I.T)のプラットフォーム上で使われる仮想通貨になります。

 

M.I.Tは、個人の時間を売買できるネットワークの構築を目指すプラットフォームのことで、

個人の持つ時間に価値を付け、他者がどれだけその人を必要としているかで個々の時間価値が上昇していくシステムです。

 

2017年9月に日本で登場したIT企業メタップス社から開発された「Timebank(タイムバンク)」に似ていますが、

日本に限定しない世界規模の時間のやりとりを仮想通貨で行うのがTNBになります。

 

最近は、個人の時間に大きな価値が出てきています。

その時間を売買できる仮想通貨がTime New Bank(TNB)です。

 

TNBを使うことにより、時間を売りたい人と時間を求める人とをマッチングさせて、

時間を効率よく提供することが出来ます。

Time New Bank(タイムニューバンク)の基本情報

通貨名 Time New Bank(タイムニューバンク)
通貨単位 TNB
上限発行枚数 6,000,000,000 TNB(60億TNB)
公開日 2017年11月27日
アルゴリズム(暗号化方式) ERC-20
公式ホームページ https://tnb.fund/
ホワイトペーパー https://tnb.fund/pdf/TNB_business_white_paper_en.pdf?v=1.0.1

TNBのJPY価格・ランキング・時価総額

TNB/BTCリアルチャート(バイナンス)


TNBの特徴

  • 個人の時間売買が可能なネットワーク体制を採用している
  • 日本のTimebank(タイムバンク)の世界バージョン
  • 個々の時間をマッチングさせて、時間を効率よく提供することが可能
  • 世界の大手取引所、Binance、Bitfinexへ上場している

Time New Bankの仕組み

それはTime New Bankが採用している「Miao’A International Timechain」 (M.I.T)というプラットフォームによって、

TNBが利用できるようになっています。

 

これは、個々の時間を科学的に分析することで、

個人の時間の価値を数字で表すことを可能にしたシステムです。

 

これにより、時間を売りたい人と時間を求める人をマッチングさせて、

時間を効率よく提供することが可能になります。

日本のTimebank(タイムバンク)の世界バージョン

Timebank(タイムバンク)は、個人の「時間」を売買する取引所です。

10秒単位で時間をリアルタイムに売買できます。

 

タイムバンクは個人の空き時間を有効活用できる「時間市場」をきっかけに

これまでと違う新しい経済システムの実現化を目指しています。

 

時間の貴重さを再認識してもらうことで、

人々の新たな働き方を提供しようとしています。

 

Time New Bankは、このTimebank(タイムバンク)によく似ていて、

それが日本だけに収まらず、世界規模で行おうとしていいます。

 

参考:Timebank(タイムバンク)の公式ホームページ

世界中の企業が気軽に参加出来る環境を整備している

環境を整備していることで、時間を求める側から時間を提供する側へ

柔軟な支払いを可能するブロックチェーンの技術を採用することで利用可能になっています。

 

このブロックチェーン技術は改ざん不可能なものであるので、

このブロックチェーン技術を利用することで、時間の価格設定を平等に行うことができます。

適材適所で人材確保が可能

個人個人のそれぞれ違った専門分野に対して、時間価値を明確に決定することができ。

買い手はその正当に評価された時間価値の相場で、売り手の時間を購入することが可能になります。

 

適材適所で必要な人の時間を購入する事ができる為、

人探しへの準備時間を大幅に短縮できる利点があります。

取扱取引所

Huobi取引所が約7割の取引高を誇っており、

取引高2位を誇るBinanceを大きく引き離しています。

 

取引をされる方はHuobi取引所が一番のお薦めです。

ちなみに私は、TNBを購入する場合、バイナンスで取引しています。