この記事の所要時間: 634

Verge(ヴァージ)とは

Verge(ヴァージ)は、

日本でも知名度が高いDash・Zcash・Moneroと同じく、

匿名性を重視した仮想通貨の一つです。

 

また匿名性に加え、Vergeにはもう一つの大きな特徴があります。

それは、取引(認証)速度が非常に速いことです。

 

そしてVergeは、ICOをしておらず、開発等にかかる費用は、

Vergeの思想に共感したコミュニティーメンバーの募金により成り立っており、

「特定の営利団体や国家の政治的圧力に左右されない通貨」「国境のない自由な仮想通貨」を目指しています。

 

これらの開発経緯が非常に好感を受けています。

また何よりVergeの優れた特性が非常に注目を浴びています。

Verge(ヴァージ)の基本情報

通貨名 Verge(ヴァージ)
通貨単位 XVG
上限発行枚数 16,555,000,000XVG(約165億XVG)
公開日 2014年10月9日
アルゴリズム(暗号化方式) Proof of Work(POW)アルゴリズムで5つから構成されています。

  • scrypt
  • x17
  • lyra2rev2
  • blake2s
  • my-groestl
公式ホームページ https://vergecurrency.com/langs/en/
ホワイトペーパー https://vergecurrency.com/assets/Verge-Anonymity-Centric-CryptoCurrency.pdf

XVGのJPY価格・ランキング・時価総額

XVG/BTCリアルチャート(バイナンス)


匿名性通貨

IPアドレスの匿名化

Vergeの特徴の大きな特徴の一つが、匿名性がある通貨という点です。

匿名性がある通貨はいくつかあり、ほとんどの匿名性がある通貨は、取引記録は匿名になりますが、

ユーザーのIPアドレスを記録しているので、取引者の情報が特定される可能性があります。

 

逆にVergeの方は、誰でも取引記録を確認する事が可能だけれども、

IPアドレスを匿名化することによってユーザーの個人情報を分からなくしています。

5つのPoWアルゴリズム

Vergeは、以下の5つのProof of Work(POW)アルゴリズムによって構成されています。

  • scrypt
  • x17
  • lyra2rev2
  • blake2s
  • my-groestl

1つではなく、5つで構成することにより、

非常に高いセキュリティを可能にしています。

Torとi2Pによる匿名ネットワーク

Vergeは、高い匿名性を出すために、「Tor」「i2P」の2つを採用しています。

この2つを採用することで、ユーザーの個人情報を分からなくすることを可能にしています。

レイスプロトコル

Vergeは、「レイスプロトコル」を使う事で、

一つのブロックチェーン上で、匿名取引と公開取引を切り替えられる唯一の通貨です。

これにより、他の匿名通貨との差別化しています。

取引(認証)速度が非常に速い

Vergeには、SPV(Simple Payment Verification)という技術が用いられています。

この技術を用いる事で、取引認証時間が数秒から数分と非常に速く、平均約5秒といわれています。

John McAfee(ジョン・マカフィー)の発言

John McAfee(ジョン・マカフィー)が、

「匿名性が高いZcash・Monero・Vergeをツイッターを通して推薦しており、

将来的に匿名性のある通貨が非常に価値を持つ」と言っています。

 

将来的には、

1XVG=1500円程度まで価値を持つと彼は予想しています。

 

有名な方の発言は仮想通貨市場でも大きな力を持つので、

John McAfee(ジョン・マカフィー)の発言は今後も大きな影響を与えていくと思われます。

バージリスクの投げ銭

仮想通貨Verge公認キャラクター「バージリスク」

【ツイッター】

バージリスクのプロフィール

バージリスクのお得意の占い

バージリスクに「占って」ってツイートすると占ってくれます(笑)

投げ銭のやり方(ツイッター)

1、入金する
「@vergetips address」とTwitter上でツイートすると、アドレスの返信がされます。

このアドレスにBinance(バイナンス)などの取引所からXVGを送金する。

2、投げ銭をする
「@vergetips tip @送金先のアカウント名 金額」

をTwitter上でツイートすると投げ銭できます。

3、出金する
「@vergetips withdraw XVGアドレス」

をTwitter上でツイートすることでアドレス先に出金できます。

4、残高の確認
「@vergetips balance」

をTwitter上でツイートすると残高確認ができます。

取扱取引所

Verge(ヴァージ)を取り扱っている取引所は世界中で沢山ありますが、

Binance(バイナンス)が世界で一番取引高が高いです。

それと近いところで、Bittlex(ビットレックス)も高い取引高があります。

 

取引をされるならどちらかの取引所がよいと思います。

 

ただ2017年12月にBittlexは、

新規募集停止して後、正式に募集再開をしていない状態ですので、

新規で口座を作られる方はバイナンスでされた方が、口座開設をスムーズにできると思います。

ですので、Verge(ヴァージ)を取引をされる方は、

バイナンスでされる事をお勧めします。

 

〈Binance(バイナンス)公式はこちら〉

 

〈Bittlex(ビットレックス)公式はこちら〉