この記事の所要時間: 45

Aeron(アエロン)とは

Aeron(アエロン)は、航空業界に特化している通貨であり、

 

「空の安全を守るブロックチェーン」のビジョンのもと、

ブロックチェーン技術を用いて航空分野の安全性・透明性の向上、航空産業の効率化を目指しています。

 

毎日、飛行機は10万便以上が飛んでいますが、

それとは逆に経験豊富なパイロットが減少している傾向があります。

それに伴い、年間で約3000程度の事故が発生しています。

 

そして今後は、これまで以上に航空産業の拡大は続いていくと思います。

Aeronの開発チームはこの拡大に伴う「空の安全性」を心配しており、

航空分野で勤務経験のあるパイロットやエンジニアがこのプロジェクトを開始しました。

 

航空安全の向上をブロックチェーン技術を使用して、飛行記録や勤務経験を透明化し、

システム利用を希望する企業は、ARN(Aeron通貨)で支払うという仕組みで、長らく変わっていなかった航空業界に大きな変化をもたらそうとしています。

Aeron(アエロン)の基本情報

通貨名 Aeron(アエロン)
通貨単位 ARN
上限発行枚数 20,000,000ARN(2000万ARN)
公開日 2017年11月3日
アルゴリズム(暗号化方式) ERC-20
公式ホームページ https://aeron.aero/
ホワイトペーパー https://aeron.aero/AeronWhitepaper.pdf

ARNのJPY価格・ランキング・時価総額

ARN/BTCリアルチャート(バイナンス)


ロードマップ

Aeron(アエロン)の2つの大きな特徴

ログデータの改ざん防止

航空業界では、飛行ログデータの改ざんを行うことでパイロットの経験不足を隠したり、

航空事業者が飛行記録を実際の飛行記録より短く申告するといった問題がたびたびあっています。

 

それをブロックチェーンの技術を使用することによって、

全ユーザーが閲覧できるようになり、

 

改ざんができない徹底した情報管理を行い、

「安全な情報管理」「情報の透明化」の実現を目指しています。

マルチシグの認証システム

マルチシグという認証システムを採用することで、

主要なプライベートキーが漏洩したとしても、別のキーがないと情報にアクセスできないような仕組みになっており、

 

情報の改ざん・不正が行えないようになっており、

非常に強いセキュリティを作り上げ、人的要因による航空事故を大きく減らすことへの実現を目指しています。

しっかりとしたチーム構成

業務提携予定

SpaceX社・Salesforce・Uber&Googleフライングカーパイロットプログラム等の企業と業務提携を結び、

事業を大きく加速させていこうとしています。

将来の目標価格

現在2000を超える団体と交渉段階に入っており、

2020年までに1ARN=$100を目指していると公式で発表しています。

2018年3月あたりにパイロットと企業アプリケーションを一般公開予定で、今後が楽しみな通貨の一つです。

取扱取引所

取り扱っている取引所は世界中で沢山あります。

ですが世界の98%がバイナンスで盛んに取引されています。

ですので、Aeron(アエロン)を取引をされる方は、

バイナンスでされる事をお勧めします。