この記事の所要時間: 121

仮想通貨の格付け情報(Weiss Ratings公表)

Weiss Ratings社

Weiss Ratings社は、1971年に創設され、

ウォール・ストリートジャーナルやニューヨークタイムズ等にも独立性と正確性を注目されている企業であり、

今回行った仮想通貨だけでなく、株・ETF・銀行・生命保険などの金融商品の格付けを行っております。

 

Weiss Ratings社は仮想通貨を格付けする為に多くのデータを使用しています。

また現在NEM問題で揺れているCoinCheck(コインチェック)やZaif(ザイフ)とも協力体制を取っています。

 

仮想通貨を格付けする際の評価基準は以下の4点です。

  • リスク指数・・・価格変動やボラティリティ等の要因に基づくリスクレベル
  • 収益指数・・・過去の取引価格に基づいた、潜在的な収益性
  • テクノロジー指数・・・ソースコードやホワイトペーパーから読み取る将来性
  • 採択指数・・・普及度合い、取引速度、決済時間などからみる浸透度の高低

格付けされた仮想通通貨

今回格付けされた仮想通貨は、74種類になります。

総合評価

A」から「E」の間で評価が行われる。

  • 「A」=Excellent
  • 「B」=Good
  • 「C」=Fair
  • 「D」=weak
  • 「E」=very weak

合格点の判断基準、「A」「B」「C」

落第点は「D」,「E」