この記事の所要時間: 351

気まぐれのテクニカル予想

今回は、これから

テクニカルで吹きそうな仮想通貨を予想したいと思います。

他にも色々ありますが、まぁまとめて書けないんで今回は1つ記載します☆彡

 

一定以上の時価総額があるもので、

その仮想通貨に何かしら可能性が見えるものであるというのが前提ですが、

 

ここでの予想は、

ファンダメンタルというよりも、

テクニカルに9割重きをおいた私的予想になります。

 

様々な時間足での分析になります。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ぐらいで見られてください。

簡単に人の予想に飛びのっちゃ駄目ですよ~(笑)

 

今回紹介するのは、

Augur (オーガ) 通貨単位は「REP」になります。

国内取引所では、コインチェックのみで取り扱っています。

短期足でも見れますが、

まぁ多くの人が使っているであろう1時間足以上で、

【月足・週足・日足・4時間足・1時間足】で分析します。

 

チャートはこれまで見すぎてて、別に線とか引かなくてもローソク足で大体分かるんですが、

 

チャート分析やローソク足1本1本の意味があまり分からない人の為に、

少しでも分かりやすいように線を引いて説明します。

 

【1時間足】

現時点では目先上も下も可能性があります。

このまま上にいくようならそのまま上を目指し、

その後調整しながら上がる可能性が高いかなと思います。

 

後は、一度軽く下げて、足場を作り、上を目指すパターンもあると思います。

時間足が短いのは、だましもある程度あるんで、外れたら外れたでしゃーない(笑)

 

≪1時間足の分析結果≫

現時点では1時間足の結果としてU字を描きながら上にいく確率はの方が高い。

上下を繰り返し、じり貧に下がりながら、まず上昇の為の足場を形成していく可能性もある。

 

【4時間足】

1時間足と同様、そのまま上抜けするか、

一度下げてローソク足を形成後、足場を固めて上を一気に目指すかのどちらかのパターンかなと想像。

 

≪4時間足の分析結果≫

目先としての下げがあったとしても、結果として上にいく可能性が高い。

 

【日足】

そのまま上を目指す可能性が高い。

小さい動きで上下して上に行く可能性ももちろんある。

 

≪日足の分析結果≫

目先の下げがあったとしても、結果として上を目指す可能性が高い。

 

【週足】

事前に売り圧力の強さから、大きな上ひげをつける。

 

これは世間一般的に下がるかなと思う方も多いと思いますが、

基本ローソク足には全く同じ形でもチャートのどこで

そのローソク足が形成されるかで、意味合いが大きく異なる特性を持っている。

 

ここでの場合は、上ひげに添ってあがっていくという形の方がしっくりくるパターン。

上がる為の布石ともいえます。

 

≪週足の分析結果≫

今週と来週で前回つけた上髭まで上がる可能性が十分ある。

そして再来週あたりに、そのまま上抜ける可能性がある。大きく抜けて一度調整するか、

前回の高値付近でモタモタするかは、その時になってみないと分からない。

 

【月足】

完全な上昇パターンの典型例。

 

≪月足の分析結果≫

来月(2月)までにオレンジで囲った上あたり(前回の高値)までまず延びる可能性が高い。

 

【トータル分析結果】

上がらないほうが不思議な上昇パターン!

 

とりあえず上髭が落ち着いたちょうどそのあたりで、

ピンポイント「買い」で私は入っています。

折り返し地点も予想ができていた動きだったので。

 

まぁここでの予想は、

あくまでテクニカル予想という事で見てもらえればなと思います。

 

≪3月25日更新≫

普通に外してます。

オーガに関わらず、仮想通貨全体でダダ下がりでした。