この記事の所要時間: 637

リスク(Lisk)とは

リスク(Lisk)はイーサリアムと同じく、

スマートコントラクト技術を利用した仮想通貨になります。

 

リスクは決済目的で作られたビットコイン&ライトコインとは違います。

通貨単位は「LSK」です。

 

アルゴリズムは、

DPOS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

発行上限枚数などは現在のところありません。

 

リスクの最大の特徴として、

「サイドチェーン」「Javascript」を使用している点です。

また現在、詳細は未定ですが、分散型取引所関連の事業の予定をたてています。

 

現在のリスクのチャートは以下のようになります。

2018年1月初旬のチャートを見ますと、上昇の流れになっています。

LSKのJPY価格・ランキング・時価総額

 

LSK/BTCリアルチャート(バイナンス)


リスクの特徴

  • サイドチェーンの使用
  • プログラミング言語で「Javascript」を使用している

サイドチェーンの使用

リスクには、メインのブロックチェーン以外に、サイドチェーンを無数に使っています。

サイドチェーンを使っている点が、イーサリアムとの大きな違いになります。

 

サイドチェーンとは

ブロックチェーンの「側鎖」となる概念です。

 

サイドチェーンの導入することで、

今まで複数の仮想通貨が持っていた独自のブロックチェーンが相互に結ばれ、

仮想通貨全体を一つのブロックチェーンとすることが可能になります。

 

また、メインであるブロックチェーンから

サイドチェーンへの資産移動が簡単かつ自由に行えるようになります。

サイドチェーンが作られた背景

サイドチェーンが開発された目的は

ブロックチェーンの機能拡張としての役割を果たすためです。

 

また背景を話すには、

最初にビットコインのデメリットを話さなければはじまりません。

ビットコインのデメリット

  • ビットコインの価格が上がるにつれ、送金手数料が増える
  • 取引速度(承認速度)が10分と長い
  • スマートコントラクトの機能がない

 

これらのデメリットを解決するために、サイドチェーンが生まれました。

 

ビットコインのブロックチェーンには様々な技術が蓄積されていますが、

技術の蓄積とともに関わる人間も増えてしまった事が現在ビットコインの足かせになっています。

 

しかしサイドチェーンであれば、

ビットコインのメインの技術を利用しつつ、新たな技術を迅速に取り入れる事ができるようになります。

また問題が起こった場合、サイドチェーンを駆使することで、柔軟に対応ができます。

そういう意味で、大きな注目を浴びています。

 

ブロックチェーンのイメージ

一本の鎖(1本だけ)

代表例:ビットコイン・イーサリアム

〈ブロックチェーンの解説&特徴〉

ブロックチェーンの解説&特徴

 

サイドチェーンのイメージ

複数の鎖(無制限に作れる)

代表例:リスク

〈サイドチェーンの解説&特徴〉

サイドチェーンの解説&特徴(長所/短所)

プログラミング言語で「Javascript」を使用している

リスクは、プログラミング言語として、「JavaScript」を使っています。

「JavaScript」とは、ソフトの開発等によく使われており、非常に人気が高いプログラミング言語であり、

パソコンにあまり詳しくない人でも「JavaScript」という言葉は聞いたことがある人は多いと思います。

 

非常に人気が高いということは、敷居が低くなり、

プログラマーやエンジニアの方々が、参加しやすくなるといえます。

 

仮想通貨のほとんどが、特殊・特別なプログラミング言語を使っているものが多いので、

プログラマーやエンジニアの方々が参入しにくい閉鎖的な開発状況になっているのが現状です。

 

そういった意味でもプログラミング言語に「JavaScript」を使っているリスクは、

今後大きく成長していく上での強みであるといえます。

SDKの配布

SDKとは「Software Development Kit」の略で、

ソフトウェアの開発に使うための技術文書&ツールの事です。

 

このSDKを配布することによって、

今より多くのプログラマーやエンジニアがリスクの開発に携わることが可能となります。

リスクの将来性

リスク(Lisk)は、サイドチェーンを駆使することで、問題が発生した際に柔軟に対応できる可能性が高く、

プログラミング言語で「JavaScript」を採用し、多くのプログラマーやエンジニアが参加しやすい環境を作っています。

そういう意味でも、リスクは今後大きな伸びしろがある仮想通貨だといえます。

 

またリスクは、サイドチェーン上でICOを行えるようにする構想があります。

リスクからICOが行えるとなると、世界中から注目が集まることは間違いないと思います。

 

リスクは、名前だけを見ると、

率直に危なそうな仮想通貨だなぁと想像する人が大半だと思いますが、

名前のイメージとは裏腹に、内容はかなり優れたものです。

 

リスクのシステムは優れたものであるので、

今後リスクは、今以上に信用を獲得していける通貨であると考えています。