この記事の所要時間: 103

ビットコインとは

ここでは仮想通貨の代表格であり、仮想通貨をする上で欠かせない、

基軸通貨と呼ばれているビットコインについて記載していきたいと思います。

 

仮想通貨=ビットコインと言ってもいいほど、

仮想通貨の名前は知らないけれど、ビットコインという名前は聞いた事がある人は多いほどです。

 

その認識は間違っていません。

ですが、仮想通貨(暗号通貨)は世界中にかなりの数が存在しています。

有名どころでいえば、イーサリアム・ライトコイン・リップルなど、それらをまとめて仮想通貨(暗号通貨)と呼びます。

 

ですがその中心にあるのがビットコインであるのは間違いありません。

ビットコインはお金(通貨)としての価値はあるの?

結論から先にいいますと、余裕であります。

 

日本でも仮想通貨法ができ、それによって通貨である事が認められました。

仮想通貨は、インターネット上に存在し、そしてインターネット上で使えるお金であると国が認めたのです。

 

また全世界の国々が認めているかというと、認めていない国ももちろんあります。

ですが、便利なものは結果として広まるしか選択肢はないんです。

そういう意味でも、仮想通貨の基軸通貨であるビットコインは、今以上に世界中に広がっていく事が予想されます。

 

為替でいえば、世界の基軸通貨で世界中を引っ張ってきたドルが、

仮想通貨の世界では、間違いなくビットコインがそのポジションにあたります。

ビットコインの通貨単位

日本でいえば「円」、アメリカでいえば「ドル」、ヨーロッパでいえば「ユーロ」といったように、

ビットコインにも通貨単位があります。

 

ビットコインの通貨単位は、

BTC(ビットコイン・ビィティシー)になります。

この呼び名が一般的ではありますが、

為替用語として、BTCを「XBT」という単位で使われたりもしています。

 

為替を少しかじった事がある人ならば分かると思いますが、

日本円の事は、「JPY」と書きますが、これは「Japan」+「yen」を掛け合わせ、「JPY」と書かれます。

 

アメリカのドルでいえば、「USD(USA+Doll)」、

オーストラリアのドルといえば「AUD(Australia+Doll)」といったふうになります。

 

「国名」+「通貨」で基本的に為替用語として短縮して記載されることが多いです。

基本的に、国が管理している通貨という意味で、省略して使われます。

 

ではなぜ、ビットコインを「XBT」と記載するかというと、

ビットコインはインターネット上に存在するお金(通貨)であり、どこの国にも属していません

「X」とは、基本的に、どこにも属さないという意味があります。

 

その為、どこの国にも属してない通貨「ビッツコイン(Bitcoin)」という意味で、

「XBT」が使われております。

 

Doctor-X外科医・大門未知子というドラマを見た事ある人なら分かると思いますが、

この「X」にもどこにも属さないという意味が含まれています。

タイトル通り、大門未知子はどこの病院にも属していない外科医です(笑)

「mBTC(ミリビットコイン)」「μBTC(マイクロビットコイン)」「satoshi(サトシ)」

他にも目にする事がある単位として、

「mBTC(ミリビットコイン)」

「μBTC(マイクロビットコイン)」

「satoshi(サトシ)」があります。

 

mBTC(ミリビットコイン)とは、1BTCの1/1,000(1千)の単位になります。

分かりやすく言えば1BTC=1,000mBTCになります。

μBTC(マイクロビットコイン)とは1BTC=1/1,000,000(1百万)の単位になります。

分かりやすく言えば、1BTC=1,000mBTC=1,000,000μBTCになります。

 

satoshiとは、1BTCの1/100,000,000(1億)の単位になります。

分かりやすく言えば、1BTC=1,000mBTC=1,000,000μBTC=100,000,000satoshi
これは、2008年10月に中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物が、

インターネット上に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文を投稿したことによって始まった為、

その名前から「atoshi(サトシ)」が使われています。

BTCのJPY価格・ランキング・時価総額

 

BTC/JPYリアルチャート(ビットフライヤー)


ビットコイン(Bitcoin)が爆発的に普及している

現在、ビットコインが全世界に

爆発的に普及しているには理由があります。

 

その理由は大きく2つあります。

管理者が存在していない

これはどういう事かというと、

基本的に身近でいえば、電子マネーであるWAON・nanacoといったものがありますが、

これは全てイオングループ・セブンイレブングループが電子マネーを管理しています。

 

それに比べて、ビットコインは

世界中のどの国も、どこの銀行も、ビットコインに関して関与しておらず、管理者がいないという事です。

 

誰も管理していないのなら、「危ない!」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

その理由は、プログラムされたシステムに純粋に従って動き続けており、

そのシステムが、世界中に強固なネットワークを作り上げています。

 

FXで自動売買を使われたことがある人ならば、理解しやすいかもしれません。

自動売買は、自分自身が仕事をしてても、遊んでても、寝てても、プログラムされている売買を単純に繰り返してくれますよね。

ブロックチェーン機能

ブロックチェーン機能とは、ビットコインの根本になっている機能になります。

この機能は、データを鎖(チェーン)のようにつなぎ合わせ、誰もが公開・閲覧できる仕組みで、

お互いに監視しあっているシステムの事をいいます。

 

これにより、外部からのサイバー攻撃を強固に防ぐ事が可能になっています。

ビットコインの将来性

最初に言います。将来性は非常に高いと思います。

理由は沢山ありますが、大きな理由として4つあります。

  • 管理者が存在しない為、国家情勢に左右されにくい。
  • 国家ぐるみで集められている
  • ビットコインは発展途上通貨である
  • 仮想通貨に対して参加している人達が非常に少ない

管理者が存在しない為、国家情勢に左右されにくい。

例えば

アメリカでいえば「ドル」、

ヨーロッパでいえば「ユーロ」、

日本でいえば「円」といったように国家情勢に非常に左右されます。

 

国の政策いかんで大きく、通貨の価値が大きく変わりますし、

戦争に巻き込まれた場合、通貨の価値が大きく下がる可能性があります。

他にも金利政策などでも影響を大きく受けます。

管理者が存在していない為、

ビットコインが国家情勢に左右される可能性はまず低いです。

国家ぐるみで集められている

アメリカ・ロシア・中国を筆頭に、国家ぐるみで、ビットコインを集めています。

これはビットコインという仮想通貨に大きな価値を国家が見出しているという事であると言えます。

 

既存通貨(円・ドル等)も皆がこれは価値があると思うから、価値が出てくるんです。

例えば1万円札で物を買えるのは、皆がこれは1万円の価値があるという事を知っているからです。

ですが、よく考えてみると、1万円札といっても、ただの紙切れですよね。

 

ですが、皆が価値を見出しているからこそ、それはお金として価値があるんです。

 

ならば話は簡単です。

国家ぐるみで価値を見出している国が増えている通貨に、

未来がないなんて事は普通に考えてありえません!

ビットコインは発展途上通貨である

ビットコインはまだまだ2009年から運用を始めた通貨です。

非常に新しい通貨なんです。

 

まだまだ技術が発展途上通貨であり、

そしてその技術はとても速いスピードで進化しています。

 

その代表が、

「ブロックストリーム・サテライト計画」が記憶に新しいです。

 

このブロックストリームサテライトは、

ネットワークが中断した場合でもブロックチェーンデータの信頼性を大きく向上させるというものです。

 

また衛星を経由してビットコインのブロックチェーンを受信し、

ネットワークを介して取得することで、プライバシーを向上させることで、非常に安心して使用していけるというものです。

簡単に言ってしまうと衛星を使って、

ビットコインのやり取りをしていこうというものですね。

 

世界にはインターネットの環境にない人達が40億人ちかくいると言われています。

そういう人達にも、インターネット環境を使わずともビットコインを使えるようにするというものです。

そして2018年1月現在、現在地球上の3/4程度はカバーができているそうです。

今後も新しい技術がどんどん取り入れられていくと想像できます。

その点からもビットコインは、将来性は高いと思います。

仮想通貨に対して参加している人達が非常に少ない

最近は芸能人のCM等により、仮想通貨の知名度が上がってきましたが、

まだまだ株式・為替などに比べ、参加者が非常に少ない現状です。

 

明らかに先行者利益を得やすい現状で、

著名人の言葉だけで、参加者が増え、大きく利益をあげやすい。

実際、価格は右肩上がりで現在伸びています。(2018年1月3日現在)

おわりに

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨であり、

上で述べたようにまだまだ大きく上がる可能性を秘めている。

 

参加者が少ない現在、先行者利益を非常に受けやすく、

新しい技術の開発等により、将来の可能性は無限大にある。